ヒラリー・クリントンの大統領選出馬表明動画で耳にした「優勝者」ではない「champion」の意味とは?

アメリカは来年に大統領選挙を控えていますが、数日前に大きな動きがありました。ヒラリー・クリントン(@hillaryclinton)さんが、大統領選への出馬を正式に表明したのです。

同日に以下の動画も公開されたのでさっそく観てみると、”champion” という表現が気になりました。

Americans have fought their way back from tough economic times, but the deck is still stacked in favor of those at the top. Everyday Americans need a champion. I want to be that champion.(1:37)

ポイント

“champion” は、「優勝者」という意味が最もよく知られていますが、「擁護者」という意味もあります。

champion | Macmillan Dictionary

  1. someone who has won an important competition, especially in sport
  2. someone who publicly supports or defends a set of beliefs, political aims, or a group of people

(信条や政治目標、集団などを公的に支援したり、擁護したりする人のことなんですね。)

この場合、ヒラリーさんの “champion” には選挙に「勝つ」という意味合いも込められていると思うので、ハフポスト日本版の記事でも「チャンピオン(擁護者)」とうまく訳されていました!

我が国は困難な経済の停滞から回復しようとしています。しかし不況は依然として続いており、富裕層に有利な状況になっています。一般のアメリカ人は常にチャンピオン(擁護者)を必要としています。私はチャンピオンになりたい。

via ヒラリー・クリントン氏、アメリカ大統領選挙に立候補表明「私はチャンピオンになりたい」

補足

ご存知の通り、ヒラリーさんの大統領選出馬はこれで2回目。

以下の映像に登場するワシントン・ポスト(@washingtonpost)紙のダン・バルツ(@danbalz)政治記者の解説によると、8年前はマーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元英首相をモデルにしていたようですが、今回はより温かみと親しみやすさを強調し、候補者に歩み寄る戦略を取っているそうです。

言われてみれば、確かに冒頭のビデオは親近感が前面に出ています。

でも、ヒラリーさんが2016年の大統領選で勝つためにすべきことは、候補者にフレンドリーになることだけではありません。ニューヨーク・タイムズ紙(@nytimes)が『What Hillary Clinton Would Need to Do to Win(ヒラリーが勝利するためにすべきこと)』という記事を出していました。

  1. 支持者層の拡大
  2. オバマ大統領の支持者層に含まれるのは、黒人系、若者、大学教育を受けた白人系など。一方、ヒラリーさんの支持者層は女性が多いです。でも、ヒラリーさんにはビル・クリントン(@billclinton)元首相がついているわけで、彼の支持者層を取りこめる可能性も持っています。一方、ヒスパニック系は2008年の民主党予備選挙でオバマさんよりもヒラリーさんを強く支持する傾向にありました。彼らから引き続きどれだけ信頼と支持を得られるかも、今回のポイントの一つと言えます。

  3. 支持地域の拡大
  4. アメリカにはスイング・ステート(swing state)と呼ばれる州があり、これらの州をどれだけ制するかが大統領選の鍵を握るとも言われています。

    米大統領選の勝敗を分けるのは、選挙のたびに民主、共和両党に振れる「スイング・ステート(揺れる州)」。特に大票田であるフロリダ、オハイオ、バージニア各州が最激戦区とされ、両党が資金や運動員を集中的に投入する。

    via 時事ドットコム:【図解・国際】米大統領選まで1年・米大統領選の勝敗を分ける「スイング・ステート」(2011年11月)

    とはいえ州の人口分布は常に一定ではなく、時代に合わせて動きがあるので、候補者たちはそれらの変化にも敏感にならなければいけません。今回、ヒラリー陣営はそういう意味で、黒人系やヒスパニック系の若者が増えつつあるノースカロライナ州やジョージア州でも入念なキャンペーンを展開する姿勢を見せています。

  5. 主張の強化
  6. 母であり、祖母でもある経験を交え、ヒラリーさんは中産階級の支援を強くアピールする構え。特に最低賃金の引き上げ、有給家族休暇および有給医療休暇、幼児教育、そして手頃な保育サービスなどを主張し、世の女性たちを味方につけると見られています。

ニューヨーク・タイムズ紙は、彼女の有利な点として「圧倒的知名度」「財政的余裕」などを挙げていましたが、8年前も似たような立場でオバマさんに敗北したことも指摘し、油断は禁物と締めくくっています。

実際、ヒラリーさんの前には今回も強敵が現れる予感が。その名は、ジェブ・ブッシュ(@jebbush)。「ブッシュ」と聞くと「まさか」と思いますが、そのまさかは大当たりで、父はジョージ・H・W・ブッシュ(@georgehwbush)第41代大統領、兄はジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)第43代大統領という、正真正銘のサラブレッド・ブッシュであります。

このサラブレッド・ブッシュが2016年の大統領選に出馬を検討中で、2016年、再び「クリントン対ブッシュ」の対決に持ち込まれる可能性が出てきています。

現時点で共和党内にはすでに立候補者が3名いるため、共和党内で選ばれない可能性もありますが、そこはサラブレッド・ブッシュ。ヒラリーさんに劣らぬ「知名度」と「財政的余裕」を持つ彼ならば、大穴を狙ってくる可能性も少なくありません。

しかもサラブレッド・ブッシュは、先ほど説明したスイング・ステートの帝王フロリダ州の元州知事。もしも彼が共和党代表になったら、ヒラリーさんは完全にフロリダ州を諦めざるを得なくなるでしょう。

というわけで、途中からもはやサラブレッド・ブッシュの話になりつつありますが、せっかくなのでこれからジェブ・ブッシュさんのことは、サラブレッド・ブッシュと呼ばせていただきたいと思います。