About Author

Riho & Jagger

私は京都出身で、ジェガーさんはワシントン州出身。ジェガーさんは私よりも6歳年上です。

共通の趣味は映画。年間約2日に1本のペースでずっと映画を観続けています。(そのため、ブログも映画に関係したネタが多めです。)好きな映画の傾向もだいたい似ています。

2人の好きな映画
ジェガーさんの好きな映画
私の好きな映画

バスター・キートン(Buster Keaton)作品全て、小津安二郎作品全て

 

このほか、ジェガーさんはスーパーヒーローものが大好きで、その影響で私もだいぶスーパーヒーローには詳しくなりました。

ジェガーさんは日本語を話しませんが、今日本語を勉強中です。

あと、ジェガーママが近くに住んでいるので、ジェガーママもよくブログに登場します。

『日本人が習わない、雑談英会話・最新420選』という本に、ジェガーさんもネイティブの一人として登場しています。

私が海外で生活するようになるまで

大学時代 / 留学を諦めてバックパッカーに目覚める

入学してから親に海外留学を打診するも却下され、その反動でたまたまキャンパス内のチラシで見かけたカンボジアのボランティアに参加。その参加者の中にバックパッカーが多く、私も魅せられていきました。結局アジアやヨーロッパ、南アメリカなど、大学卒業までに訪れた国は20カ国以上。これで就職してもしばらく思い残すことはない!・・・と思っていましたが、あわや就職活動に失敗(当時、報道志望)。落ち込む私に母親が差し出してくれたのが、1年間のIBP ビジネス留学プログラムの奨学生を募集する新聞広告でした。

2008年3月 / 米国ワシントン州シアトルに留学

奇跡的に奨学金受給対象枠に引っかかり、念願の海外留学が実現。大学時代から TOEIC を勉強したり、NHK ラジオ英会話を聴いたりしていたのと、バックパッカーとして旅行していた時は英語でコミュニケーションを取っていたので、英語に対して特に大きな不安はありませんでした。・・・が、こちらに来てから思いのほか英語が聞き取れず、また言いたいこともうまく言葉にできず、かなり焦りました。この経験がきっかけとなって、人の会話などをノートにメモするように。

2008年4月 / ジェガーさんと出会う

せっかくアメリカにいるので、生の英語の授業も聞いてみたいと思い(留学プログラムの授業はクラスメイトがみんな留学生でした)、自分で探してみたところ、一般人向けのクラスを発見。短編映画を作るという内容も面白そうだったし、週1回で3ヶ月続くので「運が良ければ映画好きの友達もできるかも」という淡い期待を持って参加したところ、先生の英語が早すぎてパニックに。初回の授業で早々と懲りたうえ、終バスを乗り過ごし、泣きそうになっていた時にたまたま通りかかって家まで送ってくれたのがクラスメイトのジェガーさんでした。

2008年5月 / メディアでインターン開始

就職活動に失敗してやって来た身だったので、留学中も自分のキャリアのことはずっと考えていました。幸い、IBP ビジネス留学プログラムにはインターンシップ期間が含まれていたこともあり、最終的にメディア系3ヶ所(日系2社と米1社)でインターンを行いました。インターン先では主に日本語または英語による取材・執筆業務を担当し、取材力・調査力・翻訳力などを身につけました。

2009年2月 / 結婚 & 就職

留学プログラムが終わる頃、ジェガーさんと結婚することが決まり、同時にインターンをしていたメディアの一つでライターとして就職することも決まったので、永住権(Green Card)を取得してそのまま残っています。私の場合ですが、永住権取得にかかった期間は約半年でした。

2013年7月 / 転職

留学コンサルタントに転職。ライター & ブロガーの強みを生かして、デジタルマーケティングにも関わるようになりました。

2016年3月 / 出産

アメリカで元気な男の子を出産!ジェガーさんの助けと理解を得ながら、フルタイムワーキングママとして、子育てと仕事とブログを頑張って両立中です。

参考:私の英語力

渡米前の私の英語力は、英検2級、TOEIC700点。英語は昔から好きな科目でしたが、リスニングがとにかく苦手で、足を引っ張っていました。

留学後は、6ヶ月くらい経って自分のリスニング能力に手応えを感じ始めました。具体的には、バスの中で他人の英語の会話が耳に入ってくるようになりました。(それまで他人の会話は洋楽の BGM 同然でした・・・。)その頃の TOEIC の点数は900点でしたが、その後アメリカで働くことが決まったので、それ以来 TOEIC は受験していません。

いまだに足を引っ張っているのは、スピーキングです。ブログを通して勉強しつつ、もっと語彙を増やして、社交場でいろんな英語の話題についていけるように私も頑張ります!