fb-icon.png
 

きっかけ

 

もともとブログを始めたのは、「英会話を勉強し始めてみてん」と言った、父の言葉がきっかけでした。教材で勉強するより、どうせなら娘の生活を楽しみながら英語も楽しく学んでもらいたいという思いから、父でもニュアンスが分かりやすいようにあえて地元の関西弁も取り入れています。

  1. 父のように英語を勉強している人へ、現地からできるだけ生の英語を届けて、参考にしてもらいたい
  2. 私自身も英語の知識、英語以外の知識をもっと身に付けたい
  3. 英語に興味のある人、海外暮らしに興味のある人(実際に海外暮らしをしている人)、国際結婚に興味のある人(実際に国際結婚をしている人)、映画に興味のある人、アメリカに興味のある人・・・などなど、ブログを通していろんな人とコミュニケーションを取りたい

と思いながら、せっせと日々更新しています。

 

こだわり

 

具体的な文脈を提示する

日本にいた時は、教材や映画などで使われている英語が実際どういう場面で使われているのか(または実際に使われているのか)が理解しにくくて、こちらに来てから的外れな英語を話したり、固い表現や下品な表現を使ってしまったりして苦い経a験をしたことがよくありました。なので、できるだけニュアンスもわかりやすいように英語表現を紹介するよう努めています。

 

英語だけでなく、旬の話題や文化も積極的に紹介する

物事が理解できなかったり、テレビ番組や映画が楽しめなかったりする時、英語だけが問題でない場合もあります。こちらに来たばかりの時、私は英語にももちろん苦労しましたが、意外に苦戦したのがこの「文化や風習や流行を知らない」ということでした。なので、ブログを通して文化や風習、今こちらで話題になっていることなども、私なりに伝えていけたらと思っています。

 

俗語やイディオムも積極的に紹介する

私がこちらに来て一番つまづいたのが、俗語やイディオムでした。(→関連記事)日本語がどんどん変わっていくように、英語もどんどん使い方が変わっていったり、新しい表現が出て来たりしているそうです。辞書に載っていない表現なども多いので、できるだけニュアンスがわかるように紹介していきたいと思っています。

 

ブログで紹介する表現はなるべく2回以上見聞きしたことを確認してから紹介するようにしています。また、情報を引用する場合は信頼できる媒体から引用して、正確な情報を提供するように努めています。それでも間違いや勘違いなどがあるかもしれませんので、その場合は改善に向けてご指摘いただけると嬉しいです。

それから、当サイトで紹介している「アメリカ生活」は、あくまでワシントン州が中心です。私が記事を書くときも、あくまで私個人の経験として書くよう心がけるとともに、それらの経験からアメリカ人やアメリカ全体を一面的に判断・評価しないよう十分注意しています。記事を読まれる際も、どうぞその点についてご理解いただきますようよろしくお願いします。

 

お願い

 

免責事項

当サイトで紹介したコンテンツによって生じた損害・損失に対しては一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。

 

リンク・引用について

リンク・引用は自由です!引用元のリンクの並記をお願いします。

 

商品リンクについて

記事内で紹介している商品リンクについての問い合わせは、各店舗にお願いします。

 

Enjoy!