シアトルで本場の味が味わえる!?懐石料理イベント『The Beauty of Kaiseki』

先月末の誕生日に年齢と同じ数の手紙をもらった私ですが、誕生日プレゼントはそれだけではありませんでした。誕生日の1週間前に、前から行きたいと思っていた懐石料理のイベント『The Beauty of Kaiseki』にジェガーさんに連れていってもらってきました。

会場は、シアトルの観光名所パイク・プレース・マーケット(Pike Place Market)にあるコミュニティ・キッチン『Atrium Kitchen』。ギリギリに着くとちょうど始まるところで、京都の料亭で修業を積まれた “懐石シェフ”、俵裕和さんが最後の仕込みをされていました。

The Beauty of Kaiseki 1

このイベントは今年の3月から毎月1回行われていて、季節に応じてメニューに工夫が凝らされています。11月は感謝祭のある月ということで、お献立は以下の通りでした。

【The Beauty of Kaiseki in November】Tickets for November event are sold out! Thank you! I am looking forward to…

Posted by Hiro Tawara on Friday, November 20, 2015

カウンター席に全員揃うと、最初に俵さんが懐石料理について英語でプレゼンテーション。奥にスライドもあってわかりやすく、こういう説明を聞くのが大好きなジェガーさんはかなり集中して聴いてはりました。

The Beauty of Kaiseki 2

続いて、ワシントン州と姉妹都市提携を結んでいる兵庫県の事務所の計らいで、兵庫県の地酒『福寿』が登場。福寿と言えば、今年のノーベル賞受賞式の公式行事で提供されたことでも知られています。

本年度のノーベル生理学・医学賞に大村智氏、ノーベル物理学賞に梶田隆章氏の2名の日本人の方が受賞されました。この度のご受賞、誠におめでとうございます。また、スウェーデン・ストックホルムで12月10日に開催されるノーベル賞受賞式後のパーティで…

Posted by 神戸酒心館 on Tuesday, November 10, 2015

私は妊娠中なので飲めませんでしたが、香りだけでもすっきりとした甘さが感じられて、めちゃ飲みやすそうでした。隣ではジェガーさんが相当気に入っていて、そっこうおかわりしてはりました。

まもなく運ばれてきたのは、一品目『かぼちゃまんじゅう 七面鳥そぼろ射込み シャンテレロ茸、ベビーアルグラ』。ほっとする味で、目をつぶると京都に里帰りしたみたいです。

The Beauty of Kaiseki 3

食べている間も、目の前では俵シェフが次の料理の仕上げにかかっていて、次は何が出てくるんや、と気になって仕方がありません。

The Beauty of Kaiseki 4

出てきたのは、『七面鳥のコンフィ 秋茄子ソース、サーモンと菊菜の塩麹和え』でした。見た目も美しいのがまさに “The Beauty of Kaiseki” です。

The Beauty of Kaiseki 5

大の海の幸好きとしては、次の『銀ダラ塩焼き 骨出汁で焚いた根菜とともに』もかなり美味でした。タラがめちゃふっくらで、目をつぶるともはや私がいるのはシアトルではなく祇園です。

The Beauty of Kaiseki 6

ここまで来ると、次も早く食べたいような、でもまだこの楽しみが終わってほしくないような、だんだん複雑な気分になってきますが、大好きな栗ごはんは待てません。おかわり可だったので、遠慮なくおかわりさせていただきました。

そして最後はデザート『はちや柿とリコッタチーズのアイスクリーム』。アイスクリームと柿の組み合わせが絶妙で、ジェガーさんに至っては私のデザートも奪う勢いでした。

唯一の心残りと言えば、私がこの日カメラを忘れてしまったためにジェガーさんの iPhone 4S で撮影せざるを得なかったことですが、それでも俵シェフの懐石料理の美しさが少しでも伝わっていたらと思います。

ちなみに俵シェフはなんと、来年2月に『第5回日本料理コンペティション京都決勝大会』に出場予定。

地元の食材を活かしながら本場の懐石料理の美味しさ、美しさ、そして奥ゆかしさをアメリカに伝えたいという俵シェフの愛とこだわりを、今回のフルコースでしみじみ堪能したので、京都人としてこれからも応援していきたいと思います。

というわけでジェガーさん、今度の結婚記念日あたり、また連れていってくれへんかな〜