安倍首相が米議会で行った演説に関する記事で目にした「premier」の意味とは?

今週、米議会上下両院の合同会議で、日本の総理大臣として史上初めて演説を行った安倍首相。

演説の一部始終は以下から観られます(48分頃から始まります)。

私はこの演説を中継で観ていたのですが、その後各メディアの記事に目を通してみたところ、ロイター通信の記事『Abe voices ‘repentance’ on WW2, touts Japan’s new security role(安倍首相、第二次世界大戦に対して「悔悟」、日本の新しい安全保障の役割をアピール)』に “premier” という単語が2回出てきました。

But the conservative premier chose to focus his landmark speech more on the future of the U.S.-Japan military alliance and press skeptical lawmakers to back a Pacific trade pact.

via Abe voices ‘repentance’ on WW2, touts Japan’s new security role | Reuters

But he stuck mostly to his past language, expressing “deep remorse” for Japan’s wartime conduct and saying he upheld previous Japanese apologies, including a 1995 landmark statement by then-premier Tomiichi Murayama.

via Abe voices ‘repentance’ on WW2, touts Japan’s new security role | Reuters

ポイント

“premier” は形容詞で使われると「最上の」という意味になりますが、名詞で使われる場合は「首相」という意味になります。

premier | Longman Dictionary

premier: a Prime Minister – used in news reports

(ニュースなどでよく使われるんですね!)

つまり最初の文は、「しかし保守的である首相は、歴史的演説の焦点を日米軍事協定の未来により当てると共に、環太平洋経済連携協定に懐疑的な議員の支持を得ることを選んだ」、そして後半の文は「しかし彼は、戦時中の日本の振る舞いについて『深い悔悟』を示し、また1995年の村山談話を含む日本の過去の謝罪を支持するなど、おおよそ過去の発言の流れを踏襲した」と書かれていたのでした。

補足

このロイター通信の記事をもう少し読んでみます。

Prime Minister Shinzo Abe expressed “deep repentance” over Japan’s role in World War Two in a speech to the U.S. Congress on Wednesday, even as he declared Tokyo’s emergence as a global security player in the face of China’s rising power.

(安倍晋三首相は水曜日に米議会で行った演説で、第二次世界大戦での国家の役割に対して「深い悔悟」を示すとともに、中国が勢いを増す中で東京が国際安全保障の担い手として存在感を発揮していくことを宣言した。)

via Abe voices ‘repentance’ on WW2, touts Japan’s new security role | Reuters

安倍首相は演説の中で「みずからの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない。これらの点についての思いは、歴代総理と全く変わるものではありません。(Our actions brought suffering to the peoples in Asian countries. We must not avert our eyes from that. I will uphold the views expressed by the previous prime ministers in this regard.)」と語っていましたが、その点に関してロイター通信は「先代の意見を支持するのみに終わっており、自らの言葉で謝罪するまでには至らなかった(stopped short of issuing his own apology, instead upholding statements by his predecessors)」と評しています。

Abe’s comments on Japan’s war record drew criticism from some U.S. lawmakers who hoped he would go further and did little to placate critics in South Korea and China, where he is accused of trying to whitewash history.

But the conservative premier chose to focus his landmark speech more on the future of the U.S.-Japan military alliance and press skeptical lawmakers to back a Pacific trade pact.

(安倍首相の日本の戦歴に対するコメントは、首相に対してもう一押しを期待していた米議員からは批判を招き、首相が歴史を誤魔化そうとしていると非難する韓国と中国内の批判もほとんど静められなかった。

しかし保守的である首相は、歴史的演説の焦点を日米軍事協定の未来により当てると共に、環太平洋経済連携協定に懐疑的な議員の支持を得ることを選んだ。)

via Abe voices ‘repentance’ on WW2, touts Japan’s new security role | Reuters

安倍首相の今回の演説で最も注目されていたポイントの一つは、この「歴史をどう扱うか」でした。そこには慰安婦問題も含まれています。

Abe made no mention of “comfort women,” the Japanese euphemism for thousands of Korean and other Asian women forced into prostitution at Japanese military brothels in World War Two. But in a possible oblique reference, he said “armed conflicts have always made women suffer the most.”

(安倍首相は、第二次世界大戦中の日本軍用売春宿で売春を強いられていた韓国及び他のアジア人女性に対する日本的婉曲表現の「慰安婦」については一切の発言を控えた。しかし遠回しな言い方では「紛争下、常に傷ついたのは、女性でした」と発言した。)

via Abe voices ‘repentance’ on WW2, touts Japan’s new security role | Reuters

また、日本の集団的自衛権についても触れられていました。

Abe, whose cabinet has backed reinterpretation of Japan’s constitution to allow it to aid the United States and other allies under attack, said reforms will be enacted this summer.

Japan’s military is considering joining the United States in maritime air patrols in the South China Sea in response to China’s assertiveness there, Japanese and U.S. sources told Reuters.

(米国や他の同盟国が攻撃を受けた際の支援を容認するべく、日本の憲法を改憲することを内閣で支持している安倍首相は、今夏にも改憲が実施される旨を語った。

日米の関係筋によると、日本の軍隊は中国に対する牽制として、米国の南シナ海の海洋空中偵察に加わる見通しだ。)

via Abe voices ‘repentance’ on WW2, touts Japan’s new security role | Reuters

一方、ニューヨーク・タイムズ紙(@nytimes)の記事『Shinzo Abe of Japan Avoids Specifics in Speech on Trade Accord(日本の安倍晋三首相、貿易協定に関して演説で具体的発言を避ける)』は TPP に主な焦点が当てられていました。

Shinzo Abe, in the first address by a Japanese prime minister to a joint meeting of Congress, praised his nation’s “quantum leap” in economic reforms but offered no specific concessions as he appealed to skeptical lawmakers to back a far-reaching Pacific trade accord.

(米議会の合同会議で日本の首相として初めて演説を行った安倍晋三首相は、自国の経済改革の「大躍進」を称えた一方で、遠大な計画である環太平洋経済連携協定において懐疑的な議員たちから支持を得るための具体的譲歩を見せなかった。)

via Shinzo Abe of Japan Avoids Specifics in Speech on Trade Accord – NYTimes.com

環太平洋経済連携協定(TPP)に関しては現在、米議員の多くが懐疑的です。

Lawmakers in both parties have questioned Mr. Abe’s ability to open his nation’s agriculture and auto markets to American products, one of the biggest questions that remain in the trade talks.

(両党の議員たちは、安倍首相が自国の農業および自動車市場にアメリカの商品を流通させることが出来るのかに対して疑問を投げかけている。貿易交渉における最大の疑問の一つだ。)

via Shinzo Abe of Japan Avoids Specifics in Speech on Trade Accord – NYTimes.com

しかし安倍首相は歴史問題と同様、TPP に対しても具体的発言を回避。

The speech left Congress as divided as it was before Mr. Abe entered the chamber.

(演説の前後で、議会の分裂した様子に変化はなかった。)

via Shinzo Abe of Japan Avoids Specifics in Speech on Trade Accord – NYTimes.com

というわけで、どちらの記事からも全体的に「聞こえは良いけれども当たり障りのない内容」に物足りなさを感じる様子が伝わってきました。

一方、ウォール・ストリート・ジャーナル(@WSJ)紙は、安倍首相の原稿を公開。私は安倍首相の演説を生中継で聞いていて、強弱の付け方や盛り上げ方などお上手だと感じていましたが、実はちゃんと原稿が息継ぎのところで改行されていて、「(次を強く)」「(次もしっかり)」などのコメントも入れられていたんですね。

45分の大演説だったので、アメリカに到着後も、昭恵夫人と練習していたようです。

それでも安倍首相の演説は、アメリカの演説形式に則っていて「見た目」は整っていたものの、内容はまだまだ「日本的」だったのかもしれません。