iPhone 6 Plus のレビュー記事で目にした「phablet」の意味とは?

先日、iPhone 6 と iPhone 6 Plus が発表されました。



iWatch ならぬ Apple Watch も発表されましたが、それはまた別の機会に取り上げるとして、今私は11月の自分の誕生日に iPhone 6 をお願いするか iPhone 6 Plus をお願いするかで、めちゃくちゃ悩んでおります。

そこで、いろいろ記事を読んでいると、ギズモード(GIZMODE)の記事に “phablet” という言葉が登場しました。

Better still, this phablet finally brings Apple’s software keyboard along for the landscape ride, and it turns out that that the 5.5 inches wide and 7.1mm thick chassis is just about perfect for your thumbs to reach those keys with two hands.

via iPhone 6 Plus Hands-On: It’s So Big

But fear not: we’ll be subjecting this phablet to more serious testing, and a full review, soon enough.

via iPhone 6 Plus Hands-On: It’s So Big

ポイント

“phablet” は最近生まれた造語です。

phablet | Dictionary.com

phablet: a mobile device that combines the features of a smartphone and a tablet computer and is larger than a typical smartphone but not as large as a typical small tablet

(スマートフォンより大きく、タブレットよりは小さくて、スマートフォンとタブレットの特徴を兼ね備えたモバイル機器のことを言うんですね。)

つまり最初の文では「さらに良いのは、このファブレットはソフトウェアキーボードがついに横画面表示に対応していること。5.5インチの横幅と7.1ミリの厚みは、両手で持って親指でタイプするのに完璧なサイズと言える」、そして次の文では「でも心配ご無用。このファブレットはもっと厳密にテストしてフルレビューする予定です」と書かれていたのでした。

補足

というわけで、最初に iPhone 6 Plus を見た時は「でかっ!」と思ったのですが、そう思ったのは私だけではなかったようです。

Seriously, compared to any iPhone you’ve ever held, this handset is HUGE! It’s amazingly thin, and incredibly solid compared to the competing plastic builds from Samsung and LG, but it still barely fits into my hand at all.

(冗談抜きで、今までの iPhone と比べてこの送受信機はドでかいです!驚くほど薄くて、サムスンや LG の競合するプラスチック本体に比べると信じられないほど硬い。それでいて手にほとんど収まりません。)

via iPhone 6 Plus Hands-On: It’s So Big

元記事にはアメリカ人男性の手が iPhone 6 Plus を片手で持っている写真が載っているのですが、確かにギリギリ。私のちっちゃい手には確実に収まらなさそうです。

でも、記事にも書かれているように、「電話」ではなく電話とタブレットの中間の「ファブレット」と考えれば、そんなに悪くないのかもしれません。

Thankfully, the iPhone 6 Plus is also the first iPhone to wholeheartedly embrace a landscape mode, so you don’t need to hold it single-handed. When I set down my camera for a second and wrapped my second set of digits around the phone, it felt far more comfortable: just like a miniature tablet.

(ありがたいことに、iPhone 6 Plus は、横画面表示に対応した最初の iPhone で、片手で持たなくても良いようにできています。カメラを設定する時にもう片方の手を添えたところ、かなり快適でした。ほとんどまるでミニチュア・タブレットです。)

via iPhone 6 Plus Hands-On: It’s So Big

私のちっちゃい手では、おそらく片手持ちより両手持ちが基本になるのではないかと思われますが、一応片手でも使いたい人のために更なる工夫が施されています。

Double-tap the Touch ID sensor (don’t press it, I learned the hard way) from LITERALLY ANYWHERE in the entire iPhone interface, including the homescreen, and everything on the top half of the phone’s screen, every icon, will shrink down to put itself within your thumb’s easy reach.

(iPhone のインターフェイス上ならホームスクリーンでもどこでも良いのでタッチ ID センサーをダブルタップすると〔慣れるのが大変でしたが、押さないのがコツです〕、アイコンも含めてスクリーンの上半分が全て親指の届く範囲まで降りてきます。)

via iPhone 6 Plus Hands-On: It’s So Big

さらに、iPhone 6 Plus はカメラの性能もアップ。手ブレ補正機能もついて、動画撮影もますます快適になりそうです。

Whatever the new camera is truly capable of, though, you do pay a slight price: that optically stabilized lens does noticibly stick out of the back of the iPhone 6 Plus chassis.

(新しいカメラの実際の実力はどうであれ、iPhone 6 Plus の背面についた光学式手ぶれ補正機能レンズは際立ちます。)

via iPhone 6 Plus Hands-On: It’s So Big

下の映像を観てみると、iPhone 6 Plus はインターフェイスがやはり iPhone というより iPad mini に近い気がします。

Apple Watch を来年手に入れることを考えれば、ここは思いきって iPhone 6 Plus を選んでみるのもアリかもしれません。

問題は、ジェガーさんが100ドルプラスに応じてくれるかどうかです。ちなみに、iPhone 6 は $199〜、iPhone 6 Plus は $299〜 となっています。