映画祭で見かけた「on standby」の意味とは?

昨日も書いた通り、現在私のいるところでは、毎年恒例の国際映画祭(Seattle International Film Festival)が開催中です。



毎年、上映作品が発表されるやいなやパンフレットを入手し、入念に観たい作品をチェックする私たち。今年はなんと、2人とも最も観たいと思った作品が同じでした。それは、リチャード・リンクレーター監督最新作『Boyhood』。

リンクレーター(Richard Linklater)監督が、2002年から12年間にわたって、ある一人の少年の成長を追った作品です。

普通、これだけ長い期間を描く映画の場合、数ヶ月の撮影期間内にティーンの俳優と子役を使うのが一般的。が、リンクレーターさんはなんと、同じ俳優で撮影しているのです。主人公の少年は撮影開始当初6歳だったのが、撮影終了時には18歳に成長。両親役のイーサン・ホーク(Ethan Hawke)さんとパトリシア・アークエット(Patricia Arquette)さんももちろん、少年と同じように12年分年を重ねています。映画の撮影手法の限界に挑んだこの作品、映画好きなら観ないわけにはいきません。

でも、映画好きはみんなそう思ったらしく、アクシデントが発生しました。映画上映開始時間の午後8時の30分前に行ったところ、『This Film On Standby』と表記された看板が出ていたのです。
standby

ポイント

“on standby” は「待機中の」という意味です。

on standby | Macmillan Dictionary

  1. [TOURISM] ready to get on an airplane if there is a seat left when it is about to take off
  2. available to be used if needed in a particular situation
  3. used about a piece of electrical equipment, for example a television, that is switched on but not in use

(1.は「空席待ちの」、2. は「予備の」という意味になります!)

つまり、「この映画はただいま空席待ちです」と表示されていたのでした。

補足

ジェガーさんはパスを持っているので私たちはチケットを買う必要がなく、基本的に観たい映画が観放題なんですが、そこには大きな落とし穴が。パスの場合、無料で観られるかわりに、一般チケットが売れ切れるような人気映画は早く行かないと観られない可能性があるのです。一般チケットが埋まった後の残りの席を、パス保有者が争うことになるからです。

というわけで空席待ちの列に並んだところ、なんと空席待ち43番目でした。絶望的です。

近くにいた係員に「早い人って何時に来てはったんですか?」と聞くと、一番早い人で上映開始2時間前に来ていたとのこと。私たちもけっこう映画好きなつもりでいますが、その人たちに限っては「どんなけ映画好きやねん」と突っ込まずにはいられません。

というわけで、真の映画好きに駆逐されて映画館に入れず、ジェガーさんととぼとぼ帰ってきたのですが、帰った後に調べてみたら、この映画7月11日に一般公開予定だそうです。

もう、普通に映画館で観ようと思います。