感情に使われる「lose it」の意味とは?

先週から始まった、NFL のプレイオフ。先週はワイルドカード試合で、我らがシアトル・シーホークス(@Seahawks)とミネソタ・バイキングス(@Vikings)が10日に試合を行ったのですが、これがまぁなんと強烈な試合でした。

最終クォーターまでシーホークスは0-9と負けていたのですが、最終クォーターで10点を決めて逆転。ところが試合終了残り26秒というところで、バイキングスがフィールドゴールのチャンスを手に入れます。もうあかん・・・と思いきや、なんとバイキングスのキックは大きく左へ。

その時の様子を NFL が以下のようにアップしていました。

ポイント

“lose it” は直訳すると「それを失う」となりますが、主に感情に使われます。

lose it | Cambridge Dictionaries (American English)

lose it: [informal] to ​stop being ​able to ​control ​your ​emotions and ​suddenly ​start to ​shout, ​cry, or ​laugh

(感情を抑えられなくなり、突然叫んだり、泣いたり、笑ったりするという意味なんですね。)

つまりツイートには「ブレア・ウォルシュによる勝利に向けた27ヤードのフィールドゴールは大きく左へ。感情を抑えられなくなるリチャード・シャーマン。そしてマイケル・ベネット。なんてことでしょう」と書かれていたのでした。

補足

というわけでシーホークス、まさかまさかの奇跡の勝利でした。

なお、この試合はミネソタ州で行われたのですが、NFL 史上3番目に気温の低い試合の一つだったそうです。

しかし、その気温の低さが、シーホークスに奇跡をもたらした要因の一つになったとも考えられています。

ワイルドカードの各チーム試合結果は以下の通り。

シーホークスは今週末、カロライナ・パンサーズと対戦予定です。

今週末も、どきどきします。