クッキング・クラスの案内文に書かれていた「hands-on」の意味とは?

私はルバーブ(rhubarb)が大好きです。アメリカに来るまでは名前を聞いたことすらありませんでしたが、こちらではこの時期、スーパーやファーマーズ・マーケットなどに行くとよく目にします。

rhubarb
見た目セロリに似ています。

最初は「アメリカには赤いセロリもあるんか」と感心し、てっきり普通のセロリのようにサラダなどに使うのかと思っていましたが、どうやらジャムやデザートなどによく使われるようです。

初夏になると、ルバーブを使ったジャムやパイ、アイスクリームなどが、いろいろなお店に登場します。

via Don’t worry yourself sick. | Are You A Normal Japanese Girl?(2011年5月)

私がそもそもルバーブを好きになったきっかけは、ルバーブ・パイ。鮮やかな赤色で、甘酸っぱくて、私はパイの中ではルバーブ・パイが一番好きです。ストロベリーの果肉が入ったストロベリー・ルバーブ・パイも大好き。レストランやベーカリーで見つけると、絶対注文します。

そんなルバーブ・パイを作るクッキング・クラスを、先日発見しました。私のいるところには料理本だけを扱うユニークな本屋さんがあるのですが、店の中にはキッチンもあって、料理本にちなんだクッキング・クラスをよく開催しているのです。

今度のイベントは、『THE FOUR AND TWENTY BLACKBIRDS PIE BOOK』の著者を招いて、著者直々に本で紹介しているルバーブ・パイの作り方を教えてくれるそう。
The Four & Twenty Blackbirds Pie Book: Uncommon Recipes from the Celebrated Brooklyn Pie Shop
クラスの案内文を読んでみると、”hands-on” という言葉が気になりました。

In this hands-on class, we’ll delve into three unique recipes that highlight the authors’ inventive approach to pie. We’ll also go over proper technique for making their delicious all-butter crust and each student will take a piece of dough home. The menu includes: Rhubarb Pie, Salted Honey Pie, and Strawberry-Balsamic Pie.

via Baking Class: The Four and Twenty Blackbirds Pie Book :: Events :: Book Larder

ポイント

“hands-on” は「実践的な」という意味です。

hands-on | Longman Dictionary

hands-on: doing something yourself rather than just talking about it or telling other people to do it

(ただ話をするだけでなく、実際にやってみるという意味なんですね!)

つまり、「この実践クラスでは、パイに対する著者の画期的なアプローチが際立つ3つのユニークなレシピを掘り下げます。さらに、おいしいバタークラストを作るための正しいテクニックも練習。受講者にはパイ生地をお持ち帰りいただきます。メニューは以下の通り:ルバーブ・パイ、ソルト・ハニー・パイ、ストロベリー・バルサミコ・パイ」と書かれていたのでした。

補足

というわけで、ソルト・ハニー・パイやストロベリー・バルサミコ・パイは正直味が全く想像できませんが、説明文を読むやいなや、速攻申し込んでしまいました。

このクラスを取ればルバーブ・パイが自分で作って食べられるようになるかと思うと、今から胸が躍ります。

年間の私のルバーブ・パイ消費量を考慮すれば、このクラスにかける費用は良い投資になるはず。

作り方を学んだら、このブログでもぜひシェアしたいと思います!