英単語の勉強にもなる言葉遊びゲームアプリ『Alphabear』

以前『英語の勉強にもなるスマホゲーム『Words With Friends』』という記事を書いたことがありましたが、その『Words With Friends』と『ねこあつめ』を合体させたようなアプリが登場したとジェガーさんが教えてくれました。

Words With Friends

(2015.07.13時点)
posted with ポチレバ
-ねこあつめ-

(2015.07.13時点)
posted with ポチレバ

それが『Alphabear』というアプリ。

Alphabear: Word Puzzle Game

(2015.07.13時点)
posted with ポチレバ

『Alphabear』の基本的な遊び方は、『Words with Friends』と同じ。ランダムに現れるアルファベットを組み合わせて単語を作ります。

Alphabear 1

『Words with Friends』と違うところは、ゲームの中心にクマがいるところです。このクマが、単語を作るとどんどん大きくなっていきます。

Alphabear 2

クマが大きくなればなるほど、ポイントが加算される仕組みなんですね。

Alphabear 3

使わない単語はどんどん点数が減り、色も赤くなり、最終的に石になってしまいます。

Alphabear 4

石があると、クマはそれ以上成長することができません。

Alphabear 5

アルファベットが全て出現して、単語が作られなくなったらゲーム終了です。

Alphabear 6

ゲーム終了時に目標ポイントをクリアしていると、キャラクマが出現。

Alphabear 8

このクマが種類豊富で、まさに『ねこあつめ』のよう。一つ一つのクマには「final score bonus 24%(最終スコアの24%をボーナス付与)」や、「E、A、S、Y を使うと37ポイント」などの特徴があり、ゲームで高得点を取る手助けをしてくれます。ただしクマなので、一度使うと1時間昼寝してしまったりします。

Alphabear 9

個人的には、単語をうまく作るとクマが褒めてくれるので、やる気が出ます。

Alphabear 7

あと、ゲームが終わるごとに、自分の作った英単語でクマが文章を作ってくれるのが面白いです。

Alphabear 10

といっても “Mad Libs” のような感じなので、あまり実践的ではありませんが、かわいくてついシェアしたくなります。

</a><br />” title=”</a><br />” width=”450″></p>
<p>こういうゲームをするといつも「もっと語彙力欲しい・・・!」となるので、クマに応援してもらいながらがんばりたいと思います。</p>
<p><iframe width=

Alphabear: Word Puzzle Game

(2015.07.13時点)
posted with ポチレバ