『バードマン』を凌ぐ!1カットで撮影されたドイツ発のスリラー映画『Victoria』

昨年私が観た映画の中で最も気に入ったのは、1カットで撮影されたという映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)〕』でしたが、今年なんと、それを凌ぐ映画を観てしまいました。

それは、ドイツ映画『Victoria』(日本公開未定)。

ドイツに来てまだ3ヶ月のスペイン人の女の子ヴィクトリアが、深夜のクラブ帰りに危なっかしげなドイツ人の若者グループと仲良くなり、流れに身を任せて楽しんでいるうちにずるずると犯罪に巻きこまれて行くというスリラー映画です。

驚くべき点は、この映画が一発で撮影されていること。『バードマン』ですら、実は完全に一発で撮影されたわけではありません。複数のカットがさりげなく繋げられてあたかも一発で撮影されたようにうまく見せかけられています。

完全に一発で撮影された映画は『Victoria』が初めてというわけではありませんが、『Victoria』のすごいところは、テンポが早く、アクションシーンなども入っているところ。緊張感が半端ないです。

ニューヨーク・タイムズ紙(@nytimes)の記事『Talk About a Director’s Cut: ‘Victoria’ Packs 134 Minutes Into One Shot』によると、リハーサルはもちろん何度も行われたようですが、本番はたった3回だったそう。

For the production, shot in Berlin, Mr. Schipper’s team picked 22 nearby locations that his crew could reach quickly, including a rooftop, a garage, a cafe and a hotel. They mapped and timed transitions. The cast rehearsed 10-minute sections repeatedly. Six assistant directors, three sound teams and the cinematographer Sturla Brandth Grovlen practiced as well. Simultaneously, the story evolved. Characters were added, then cut.

撮影はベルリン市内で、製作過程では屋上やガレージ、カフェやホテルなど、(監督のゼバスティアン・)シッパーのクルーが素早くアクセスできるロケーションが22箇所選ばれた。監督たちはそれらのロケーションを地図で確認し、タイミングを計った。キャストは10分に区切られたシーンを何度もリハーサル。助監督6名、音声チーム3組、そして撮影監督のシュトゥールラ・ブラント・グレーヴレンも練習を行った。それと同時に、物語は発展。登場人物が加えられ、削られた。

via Talk About a Director’s Cut: ‘Victoria’ Packs 134 Minutes Into One Shot – The New York Times

脚本は実質12ページで、会話のほとんどはアドリブで構成されています。本番の撮影は毎回午前4時半から明け方にかけて行われたそうですが、途中で酔っぱらった一般人が入ってきたり、役者が演技を間違えたりしても、撮影を途中で止めることはできないため全部俳優たちが演技でカバーしたそうです。

中でも特に演技が光っていたのは、主人公のヴィクトリアを演じたライア・コスタ(Laia Costa)さん。通常の撮影とは比較にならないほどの緊張とプレッシャーの中、特に後半、奇跡とも呼べる演技を披露しています。

とはいえ、最初は私はヴィクトリアにけっこう腹が立っていました。というのも、外国に来てまだ3ヶ月しか経っていないのに、深夜に一人で出歩いていて、無防備も良いところ。若者グループに声をかけられてひょいひょいついていくあたりも、警戒心なさすぎです。

ところが、中盤でヴィクトリアがスペインから言葉の通じないドイツに来た理由が明かされるにしたがって、私もアメリカに来た頃を思い出して切ない気分に。そういえば私もアメリカに来たばかりの頃は希望に溢れていたわけではなく、むしろ人生を模索していて、がむしゃらな気持ちとどうにでもなれという気持ちが混在していました。

ヴィクトリアは、深夜に遊ぶ非日常的な出来事を通して、自分の人生と向き合うことから逃避しようとしていたのかもしれません。それでも、外国というのは、日常ですら非日常的に感じられるところです。しかも3ヶ月というのは、実際はまだあまり慣れていないのに、慣れたと勘違いしやすい危険な時期でもあります。ヴィクトリアはドイツ人の若者たちと英語で会話をするのですが、ドイツ人同士の会話がわからないために状況がいまいち理解できず、簡単に後戻りできないところまで簡単に行ってしまう様子は皮肉としか言いようがありません。

『Victoria』はドイツ映画祭(German Film Awards)で作品賞や監督賞、撮影賞など6冠を達成している他、ベルリン国際映画祭(Berlin International Film Festival)でも撮影監督が最優秀芸術貢献賞を受賞。

私が今年観た映画の中で、一番面白かったです。