アメリカで年々盛り上がる「アグリーセーター」とは?

「アグリーセーター」という名のセーターをご存知でしょうか。数年前からアメリカで盛り上がりを見せている、ダサい(ugly)クリスマス・セーターのことです。

以下の映像は2012年のもので、2011年頃から流行り出したものと思われます。

上の映像でも説明されていますが、アグリーセーターの先駆けは、おそらく映画『ブリジット・ジョーンズの日記(Bridget Jones Diary)』(2001)のマークさん。

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 【ブルーレイ&DVDセット】 [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2014/12/22 04:17時点)

時代の先端を走り過ぎて、このシーンではブリジットに思いっきり「恋愛対象外」に認定されていますが、2010年代ではマークさん、モテモテ間違いなしでしょう。

有名人たちの間でも、2011年頃からアグリーセーターが人気に。

近年では、クリスマスの時期になると「アグリーセーター・パーティー」まで開催されるようになりました。

ディズニーなどのブランドも、アグリーセーター市場に参入。

わざわざお金を出してアグリーセーターを買うことにためらいを感じる人に向けて、レンタル市場も準備万端です。

手作り派も多く、HOW TO 映像や記事もいっぱい。

ちなみに、12月12日は “National Ugly Christmas Sweater Day” だったそうです。

そろそろ私もアグリーセーターデビューの時かもしれません。