エクササイズのクラスでよく耳にする「inhale」「exhale」の意味とは?

以前『メールなどで相手の都合を聞く時に便利な英単語とは? 』という記事で、ピラティスを習い始めたことについて書きましたが、いかんせん週1回なので、ちょっともどかしく感じるようになってきました。

というのも、ピラティスに行った翌日は自分の体に意識的になっているのに、1週間近く経ってくると、だんだん意識もふやけて元に戻ってしまうからです。

これはあかんと思い、ピラティスのインストラクターに「家でもできそうなピラティスがあったら教えてください」と言ったところ、『Pilatesology』というサイトを教えてもらいました。

pilatesology

(クリックするとリンク先にジャンプします)

「基本的に有料ですけど、無料のレッスンもありますよ。私は出てませんけど、うちのインストラクターも出てます」

さっそく家に帰ってチェックしてみると、めっちゃ充実してます。いろいろ見ていると、”inhale” “exhale” という言葉を頻繁に耳にしました。

下の映像では、冒頭で “breath in” “breath out” と言った後、”inhale” ”exhale” と言っています。

ポイント

“inhale” は「吸い込む」、”exhale” は「息を吐く」という意味です。

inhale | Macmillan Dictionary

inhale: to breathe air, smoke, or other substances into your lungs

(空気だけでなく、煙草の煙などにも使われます!)

exhale | Macmillan Dictionary

exhale: to breathe air out through your mouth or nose

つまりインストラクターは、「吸って」「吐いて」と言っていたのでした。

補足

家でピラティス、といっても、私は普段ありとあらゆる隙間時間をブログ執筆に捧げているので、ピラティスをする時間を捻出するのはかなり至難の業。

でも、下のビデオは15分でもけっこう効くので、気に入りました。

インストラクターによると、本当に時間がない時は、”hundred” と呼ばれる以下のエクササイズをするだけでも効果があるそうです。

私は背中や腰が疲れやすいので、以下のエクササイズもけっこう好きです。

あと、ブログの合間の隙間時間に以下も試してみましたが、これもめちゃすっきりしました。

有料だともっといろいろ幅広くクラスが用意されているので、いっそのことこちらに切り替えて毎日ちょこちょこ続けるのもありかもしれません。

関連

メールなどで相手の都合を聞く時に便利な英単語とは? | ツカウエイゴ