アメリカで配車サービスアプリ Uber デビュー

今月から無料メールマガジンにリニューアルした『月間 エイゴマガジン』の第1号を週末に配信したのですが、そこで1月の振り返りをしていた時に、Uber の記事を書いていなかったことを思い出しました。

一方、反応が多かったのはスタバの新しい高級ロースタリーの記事。たくさんイイネをもらいました。

ちなみに、日本ではブルーボトルコーヒーがオープンして行列ができているみたいですが、シアトルにはまだ一軒もありません。サードウェーブという名の波が打ち寄せる気配は、今のところありません。

そういえば、スタバの新しいロースタリーに行った日に配車サービスアプリの Uber を使ったのですが、そのことを記事に書こうと思っていたのにすっかり忘れていたことを今思い出しました!1月を振り返って良かったですー!

via ネイティブの会話の輪の中に入る方法 – 月間 エイゴマガジン – BLOGOS(ブロゴス)メルマガ

私が Uber デビューを果たしたのは、昨年の暮れ。Uber のプロモーション・コードをもらったのがきっかけでした。

Uber

Uber (無料)
(2015.02.10時点)
posted with ポチレバ

私は以前『事件記事などでよく目にする「allegedly」の意味とは?』という記事なんかも書いていて、Uber などの配車サービスアプリには正直疑いの眼差しを向けていました。

でも、目の前で実際に Uber が利用されている様子を見ると、「そんなに悪くないのかも?」という気になり、自分も使ってみることに。

スタバの新しいロースタリーに行った日は土日だったので、「バスに乗るのは面倒くさいな」ということで、その日に記念すべきデビューを果たすことにしました。用事を済ませたところから、そのまま Uber に乗って行くことに。

まずアプリを立ち上げて、ピックアップしてもらいたい場所を選びます。たいていは GPS が現在地を抑えてくれますが、以下のように特定の場所を指定してそこに迎えに来てもらうことも可能です。

Uber 1

場所を指定すると、迎えに来てくれる車が表示されます。トヨタのプリウスが迎えに来てくれるみたいです。

Uber 2

プリウスが到着すると、テキストが届きます。

Uber 3

でも、このテキストが届いた時、私は Uber がどこにいるのかわかりませんでした。目印も何もないので、どの車が Uber なのかさっぱりわかりません。もはやプリウスは全部 Uber に見えます。

それに、Uber の方も、どうやって私を見分けているのかわかりません。うろうろしていると、Uber のおっちゃんから電話がかかってきました。

「Balbir ですけど、どこにいますか?指定場所に行ってもそれらしい人が見当たらないんですけど」
「あっすみません、不安でうろちょろしてました」
「うろちょろしないで、指定場所から動かないでください」
「すみません、戻ります」

最初に現在地にピンを落とした後、「あれっ、もしかして私が立ってるとこ反対車線ちゃうん」と思って道路反対側に移り、「っていうか、ここにいたら運転手さん停めにくいんちゃうん」と思ってちょこちょこ動いていたのですが、ダメだったようです。

元の位置に急いで戻ると、Uber のマップで Balbir さんの乗った車が軌道修正し、こちらに近づいてきているのが見えました。リアルタイムで Balbir さんがどこにいるのかわかって、びっくりです。

マップ上で Balbir さんが自分のいる場所に限りなく近づいた時、目の前に一台の車が停車しました。

「Riho?」
「Balbir?」

こうして私たちは無事対面。あらかじめ目的地の住所を入力していたので、乗り込むやいなや車が出発しました。何から何まで近未来的です。

「今日私、Uber デビューなんです」
「おお、おめでとうさん」
「なので、うろちょろしてしまってすみませんでした」
「ほんま、見つからへんかと思たわー」

翻訳したら関西のおっちゃんなんじゃないかと思うほど気さくなおっちゃんで、レビューが星4.7なのもうなずけます。

「スタバのロースタリー行くの?」と聞かれたので、「よく住所だけ見てわかりましたね」と言うと、「うちの嫁さんも行きたい行きたい言ってるわー」と言ってはりました。

そうこうしているうちに、快適な車の旅はあっという間に終了。丁寧に礼を言って降りると、すぐ Uber にレビュー画面が表れました。文句なしで、星5です。おっちゃん、うろちょろしてたのに見つけてくれてありがとう。

帰りも雨が降っていたので Uber を呼び寄せ、家の近くのスーパーまで乗せて行ってもらったのですが、その時も「今日私、Uber デビューなんです」と言うと運転手のおっちゃんがめちゃ祝ってくれて、Uber のプロモーション・コードをくれました。おっちゃん、ええ人すぎます。星5です。

ちなみに今はバレンタインデー・キャンペーンということで、プロモーション・コードを使うと通常の20ドルではなく30ドル分お得になるみたいです。

Uber 4

このプロモーション・コード、シェアする人もシェアされる人も得する仕組みが良いですね。私のコードも、ぜひぜひご利用ください〜!

Drivers at Uber: Everyone’s Private Driver™ from Uber on Vimeo.

SNS