お披露目する時の「ジャジャーン!」は、英語で何と言う?

ジェガーさんが先週、「喉が痛い」と言ってしょうが湯を作っていたのですが、よく見ると私がコーヒー用に使っている保温タンブラーに入れて飲んでいます。

ジェガーさんの使用後、洗って乾かしたタンブラーは、めっちゃしょうがの香りが残っていました。

「ちょっとー!しょうがの香り残ってんねんけどー!」と怒っていると、焦ってネットでいろいろ調べ始めるジェガーさん。

その後、私がでかけて帰ってくると、ジェガーさんが “Ta-da!” と言って無臭のタンブラーを誇らしげに見せてきました。

ポイント

何かをお披露目する時など、日本語では「ジャジャーン!」と言ったりしますが、英語では “Ta-da!” と言います。

ta-da | Oxford Dictionaries (American English)

ta-da: an imitation of a fanfare, used typically to call attention to an impressive entrance or a dramatic announcement

(ファンファーレの音から来ているんですね!「ジャジャーン」もおそらくルーツは同じだと思うのですが、表現の違いが面白いです。)

というわけで、ジェガーさんは「ジャジャーン!」と言っていたのでした。ベーキング・ソーダ(重曹)を使ってしょうがの香りをやっつけたそうです。

補足

ちょっと前に『歌の歌詞でもよく使われる「let down」の意味とは?』とう記事で、私の好きな OK Go(@okgo)の最新 MV をご紹介しましたが、その後公開されたメイキング映像でも、リードシンガーのダミアン・クーラッシュ(Damian Kulash)さんが HONDAUNI-CUB の素晴らしさを紹介する時に “TA-DA!”(0:31)と言っていました。

というわけで今回は HONDA とのコラボレーションが実現しましたが、これまでにも OK Go はさまざまな企業とコラボレーションを組んでいます。

その先駆けとなったのが、OK Go の MV の中でも最も有名な作品の一つ、『This Too Shall Pass』のピタゴラ・スイッチ版 MV(2010年春)。

よく見ると、出だしに登場する赤いトラックの車体に、さりげなくステートファーム保険(State Farm Insurance)のロゴが映っています。実はこの MV、ステートファーム保険がスポンサーになっていたのです。


アーティスト:オーケー・ゴー
リリース:2010-10-15(Alternative)
価格:200円 – (視聴する)
(アルバム:Of the Blue Colour of the Sky (Extra Nice Edition)の2曲目に収録されています)

同年秋には、サムスン NX100(Samsung NX100)を使用して作成したミュージックビデオ『Last Leaf』も公開されました。

撮影には、なんと215枚の食パン(賞味期限切れ)が使われているそうです。

アーティスト:オーケー・ゴー
リリース:2010-10-15(Alternative)
価格:150円 – (視聴する)
(アルバム:Of the Blue Colour of the Sky (Extra Nice Edition)の10曲目に収録されています)

さらに翌年は『All Is Not Lost』という曲で Google Chrome とタイアップ。ダンス・カンパニーの『Pilobolus』ともコラボしていて、公式サイト(http://www.allisnotlo.st/)にアクセスすると、インタラクティブで楽しめる仕掛けになっています。

アーティスト:オーケー・ゴー
リリース:2010-10-15(Alternative)
価格:150円 – (視聴する)
(アルバム:Of the Blue Colour of the Sky (Extra Nice Edition)の3曲目に収録されています)

2012年のスーパーボウルの CM 中に公開された『Needing/Getting』の MV も、話題になりました。

こちらはシボレーChevrolet)とタイアップしています。


アーティスト:オーケー・ゴー
リリース:2012-03-09(Rock)
価格:150円 – (視聴する)
(アルバム:Needing/Getting Bundle – EPの3曲目に収録されています)

今回は HONDA さんとのタイアップですが、制作はクリエイティブ・ディレクターの原野守弘さんとコラボ。原野さんと言えば、NTT ドコモの CM『森の木琴』です。

ギズ:どうして舞台が日本になったんでしょう?

ダミアン:僕はもともと原野さんの大ファンだったんだ。数年前に、カンヌの広告祭で一緒になって「え、もしや『森の木琴』を作った人?」と大興奮して話をした。そこから、友人としても連絡をとりあい、いつか一緒に何かつくりたいとは話していたんだ。

ちょうど、原野さんがホンダのUNI-CUBを使ったプロジェクトを担当することになって、コラボレーションの話になったんだ。日本でのプロジェクトだったから、舞台は「ここ」になった。原野さんが日本で最高のチームを集めてくれたんだよ。

via OK Go来日インタヴュー:ネット時代に音楽をマネタイズするには「走るのを楽しめ!」 | ギズモード・ジャパン

なるほど、そんな裏話があって今回の豪華コラボが実現していたんですね〜!CNN も取材で原野さんを直撃していました。

原野さんがこれまで手がけた他の作品は、以下のリンクで一覧できます。

OK Go、これからもいろいろな才能とコラボして欲しいです!

関連

歌の歌詞でもよく使われる「let down」の意味とは? | ツカウエイゴ