メールや会話でよく使う「shortly」の意味とは?

仕事で問い合わせのメールを送ったところ、”Thank you for contacting us, we will get back to you shortly.” と返ってきました。

ポイント

“shortly” は「間もなく」という意味です。

shortly | Macmillan Dictionary

  1. soon, or happening only a short period of time after something
  2. if you say something shortly, you sound annoyed or rude

(2. のように発言に使われると、苛立った様子、あるいは無礼な様子を表します。例文は ““Of course not,” she replied shortly.”〔「もちろん違います」と彼女はぶっきらぼうに答えた〕となっていました!)

つまり返信メールには「ご連絡ありがとうございます。間もなくお返事いたします。」と書かれていたのでした。

補足

昨日『「電話」の意味ではない「call」の意味とは?』という記事でオンラインニュースメディア『Gawker』の内部騒動を取り上げましたが、その後 編集トップ2名が辞職したことを伝える Gawker の記事で、Gawker.com も元編集長のマックス・リード氏が従業員に宛てたメールにも “shortly” が出てきました。

I’m quitting today. Tommy is too. You’ll see his email shortly.

(私は今日辞める。トミーもだ。彼からのメールも間もなく届くだろう)

via Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker

この記事『Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker(トミー・クレイグスとマックス・リード、Gawker を辞職)』が内部でのさまざまなやりとりを詳細に取り上げていたので、追ってみたいと思います。まずは、マックス・リード氏と一緒に辞職した元 Gawker Media 編集主幹のトミー・クレイグス氏が編集部に宛てて送ったメモより。

On Friday, I told my fellow managing partners—Nick Denton, founder and CEO; Heather Dietrick, president; Andrew Gorenstein, president of advertising and partnerships; Scott Kidder, chief operating officer; and Erin Pettigrew, chief strategy officer—I would have to resign if they voted to remove a story I’d edited and approved.

(金曜日、私は他の経営パートナーたち — 創立者で CEO のニック・デントン、社長のヘザー・ディートリック、広告・パートナーシップ代表のアンドリュー・ゴーレンステイン、COO のスコット・キッダー、そして CSO のエリン・ペティグリュー — に対し、自分が編集して認めた記事を削除することに投票すれば、私は辞職せざるを得ないと伝えた。)

via Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker

この時まで、今回のような投票が経営陣の中で行われたことはなかったようです。

No one in editorial was informed that Nick had reached what he now calls the point of last resort; no one had explained what other resorts had been tried and had failed in the less than 24 hours between publication and takedown. The final count was 4-2 (with Heather’s nay joining mine, despite initial reports otherwise), and the message was immediately broadcast to the company and to its readers that the responsibility Nick had vested in the executive editor is in fact meaningless, that true power over editorial resides in the whims of the four cringing members of the managing partnership’s Fear and Money Caucus.

(ニックがいわゆる最後の頼みの綱に至ったと聞かされた人は編集部に一人もいなかった。記事が取り下げられるまでの24時間以内に一体他のどんな頼みの綱が試されて、失敗したのか、説明した人もいなかった。最終結果は4-2〔当初の報道とは異なり、ヘザーは私と共に反対だった〕で、そのメッセージは直ちに会社と読者へ伝えられた。それは、ニックが編集主幹に託した責任は実質無意味で、編集に対する真の権力は「恐れと金」にしがみつく4名の経営陣の気まぐれに依拠していることを示している。)

via Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker

マックス・リード編集長も、経営陣に強い非難のメモを送っています。

That this post was deleted at all is an absolute surrender of Gawker’s claim to “radical transparency”; that non-editorial business executives were given a vote in the decision to remove it is an unacceptable and unprecedented breach of the editorial firewall, and turns Gawker’s claim to be the world’s largest independent media company into, essentially, a joke.

(この記事が削除されたことは、Gawker の主張である「徹底的な透明性」を捨て去っている。つまり、編集に関わらないビジネス主幹たちが記事削除の決定の投票をしたことは、編集防壁に対する容認しがたい未曾有の裏切りであり、世界最大のインディペンデント・メディア会社であるという Gawker の主張を本質的にジョークにしてしまった。)

via Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker

その後マックス・リード氏は、冒頭の辞職についてのメールを Gawker.com の編集部に送りました。そのメールの中で、記事そのものについてリード編集長がどのように思っていたかは土曜日に書いた、と書かれていますが、その土曜日に送られたメールもしっかり記事内に掲載されていました。

A quick word about the post: Jordan reported out a true and interesting story that stands well within the site’s long tradition of aggressively reporting on the sex and personal lives of powerful media figures, and I—and Tommy—still stand behind that story, and Jordan’s reporting, absolutely.

(記事について少し。ジョーダンは、有力なメディア人の性やプライベート生活を積極的に報道するというサイトの長い伝統に沿い、真実で面白い記事を伝えた。そして私 — そしてトミー — は、今もジョーダンの記事を完全に支持している。)

via Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker

その後、創立者のニック・デントン氏も長いメールで応えています。

It was such a breach of everything Gawker stands for, actually having a post disappeared from the internet. But it was also an unprecedented misuse of the independence given to editorial.

(記事をインターネット上から消し去ることは、Gawker が象徴している全てを裏切るものではあった。しかし同時に今回の件は、編集に与えられた独立性の未曾有の誤使用でもあった。)

via Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker

最後に、ニック・デントン氏は、元記事を書いた記者に直接メールを宛てていました。

From: Nick Denton
Date: Fri, Jul 17, 2015 at 1:47 PM
Subject: Hey, Jordan
To: Jordan Sargent
Cc: Keenan Trotter

Can you give Heather or me a call? You need to know you did nothing wrong. These are the stories we used to do. But times have changed.

(私かヘザーに電話をくれるか?君は間違ったことをしていないと知る必要がある。私たちはかつてはこのような記事を伝えていた。しかし時代は変わった。)

via Tommy Craggs and Max Read Are Resigning from Gawker

辞職した編集トップ2名の後任はまだ決まっていないそうですが、次の編集トップが経営陣寄りの人になるか、編集部寄りの人になるかで、Gawker の今後もまた変わってくる気がします。

この一連のメールのやり取りを取り上げた Gawker の記事を読む限り、Gawker はまだ「徹底的な透明性」を失っていないようにも思えるので、自らの内部で起こる騒動を取材することによって Gawker が新たな “Gawker らしさ” を築きつつあることを期待したいです。

ちなみに “gawker” とは、「やじ馬」という意味です。

gawker

A gawker is a person who stares openly at someone or something. After a bad car accident on the highway, gawkers often slow down for a look.

(人や物を堂々と眺める人、という意味なんですね!)

via gawker – Dictionary Definition : Vocabulary.com

追記

Gawker が月曜日に、名前を変えてサイトをリローンチするようです!

Gawker to relaunch Monday maybe with new name – Business Insider