「電話」の意味ではない「call」の意味とは?

先週、アメリカのネットニュースサイト『Gawker』で騒動が起きました。ある記事が問題となり、編集部の反対にも関わらず、経営陣の決定で削除となったのです。

その記事とは、雑誌『VOGUE』や『GQ』などを手がける大手出版社、コンデナストCondé Nast)の CFO(最高財務責任者)による男娼買い疑惑を伝えたもの。

Gawker 1

記事は現在削除され、『This post has been removed.(この記事は削除されました)』というページになっています。

Gawker 2

そのページに Gawker の CEO ニック・デントン(@nicknotned)氏の声明へのリンクが貼ってあったので読んでみると、”call” という単語が数回出てきました。

It was an editorial call, a close call around which there were more internal disagreements than usual.

via Taking a post down

Every story is a judgment call.

via Taking a post down

ポイント

“call” にはいろいろな意味がありますが、この場合は「決定」という意味で使われています。

call | Longman Dictionary

  1. when you speak to someone on the telephone
  2. if someone such as a doctor or engineer is on call, they are ready to go and help whenever they are needed as part of their job
  3. shout/cry
    • a loud sound that a bird or animal makes [= cry]
    • a shout that you make to get someone’s attention
  4. a visit, especially for a particular reason
  5. a request or order for something or for
  6. decision
    • the decision made by a referee in a sports game
    • [informal] a decision
  7. a message announced at an airport that a particular plane will soon leave

(”judgement call” は “a decision based on your personal judgement of a situation(個人的判断)” と説明されていました!)

つまり一文目は「編集部の決定だった。内部の反対も通常より多い中、ぎりぎりのところだった」、そして二文目は「記事というものは全て個人的判断である」と書かれていたのでした。

ちなみに “close call” は「危ういところ」という意味です!

close call | Cambridge Dictionaries (American English)

close call: something bad that almost happened

(悪いことがもう少しで起こる手前の状態なんですね!)

補足

というわけで、ニック・デントン CEO の主張をより詳しく追ってみたいと思います。デントン氏は記事自体においては “true and well-reported(真実で、よく伝えられている)” とした上で、以下のように語っています。

In the early days of the internet, that would have been enough. “We put truths on the internet.” That has been the longstanding position of Gawker journalists, some of the most uncompromising and uncompromised on the internet. I cannot blame our editors and writers for pursuing that original mission.

(インターネットの黎明期ならばそれで良かった。「真実をインターネット上に晒す」。それは、インターネット界で最も不屈で妥協しない Gawker のジャーナリストたちが長く貫いてきたスタンスだ。私は、編集者やライターたちが当初のミッションを追い続けていることを責められない。)

via Taking a post down

しかしデントン氏は、メディア環境も、読者も、そしてデントン氏自身も変わったと言います。実際、記事には読者から多くの批判が寄せられました。ライターたちの間でも意見は割れていたようです。

We are proud of running stories that others shy away from, often to preserve relationships or access. But the line has moved. And Gawker has an influence and audience that demands greater editorial restraint.

(私たちは、他メディアが関係やアクセスを守るべく敬遠するような話を報道することを誇りに思っている。しかしその境界線は動いた。Gawker の影響力や読者によって、より編集制限が求められている。)

via Taking a post down

事実誤認(factual error)や法的措置以外で重要なニュース記事を削除するのは、今回が初めてだったそうです。

It is not enough for them simply to be true. They have to reveal something meaningful. They have to be true and interesting. These texts were interesting, but not enough, in my view.

(真実であることだけではもはや十分ではない。何かしら意味のあるものを示さねばならない。真実であり、かつ面白くなければならないのだ。記事は面白かったが、私の考えでは、十分ではない。)

via Taking a post down

デントン CEO の考えのベースにあるものは、「読者」。読者数が今ほど多くなかった初期には真実を晒すだけで良かったものの、読者が増えた今は、彼らにとって「意味のあるもの」を記事として出す必要性を説いています。

これに対し、編集部は編集部で『A Statement From the Gawker Media Editorial Staff(Gawker Media 編集スタッフからの声明)』という記事を公開。それを読むと、彼らの視点はまた全く異なることがわかります。

Our union drive has expressed at every stage of the process that one of our core goals is to protect the editorial independence of Gawker Media sites from the influence of business-side concerns.

(われわれの労働組合は、Gawker Meida のビジネスサイドの影響から編集の独立権を守るというわれわれの信念を、これまであらゆる機会において表明し続けてきた。)

via A Statement From the Gawker Media Editorial Staff

編集部でも記事に対する評価は確かに賛否両論だったみたいですが、編集部が批判しているのは、編集に関わる決定が編集に関係のない経営陣たちによってなされたこと。

Disagreements about editorial judgment are matters to be resolved by editorial employees.

(編集判断に関する意見の相違は、編集に関わる従業員によって解決されるべき事柄である。)

via A Statement From the Gawker Media Editorial Staff

削除に関する意思決定は経営陣グループ6名による投票において4-2で決まりましたが、反対した2名は記事の編集に関わった人たちでした。残りの4名は広告担当責任者、CSO(最高戦略責任者)、COO(最高執行責任者)、そして CEO。

ここから察するに、ニック・デントン CEO の語る「読者」とは「メディアを支えてくれる人」であり、「メディアに対価を支払ってくれる人」でもあり、つまり「広告主」が含まれていることが考えられます。彼らを大切にすることはもちろん大事ですが、彼らにおもねることはジャーナリズムにとって危険でもあります。編集部が許せないのはまさにそこです。

しかし、内部で起こっている論争を双方が文字に起こして記事として発信しているところに、私はこのメディアの誠実さを感じざるを得ません。Gawker はちょうどこの春、『BuzzFeed』が広告主の圧力で記事を削除した際、編集が経営側の圧力に屈したことを責める記事を書いていました。

もしも今回の事件が他のメディアで起っていた場合、やはり Gawker がどこよりも熱心に報道していたかもしれません。今、Gawker は内部で起こっている事件を自ら熱烈に取材報道しているように見えます。

週明け、Gawker では編集トップが2名辞職しました。その流れに関して Gawker が伝えた記事も非常に興味深いので、明日引き続き取り上げたいと思います。

SNS

仕事の後、ジェガーさんと公園でリラックス。ジェガーさんがバットマンのコミックを読んでいたら、バットマンのTシャツを着たちびっこが話しかけてきました。やたらジェガーさんがバットマンに詳しいので、ちびっこにめっちゃ尊敬されてはります。

Posted by ツカウエイゴ on Thursday, July 23, 2015