めがね屋さんでよく目にする「optical」の意味は?

先週、ジェガーさんと芝生でごろごろしていた時のこと。ジェガーさんが変な声を出しました。

「なんか踏んだ!」

私はこの日めがね姿だったのですが、芝生でごろごろしていた間は外していたので、めがねをかけて見ようと思ったら見当たりません。なんか嫌な予感がします。

「あれっこれ、Riho のめがね!?」

ぼやけた視界でジェガーさんの手元を見ると、目に映るのは壊れた私のめがね。実は私、普段はコンタクト・レンズなのですが、今ちょっと目が結膜炎で腫れていて、一時的にめがね生活なのです。めがねは一本しか持っていないので、それがないと困ります。

「なんで踏むねんー!」
「そっちこそなんでめがね芝生に置くねんー!」

おかげで、週末は新しいめがね探しに大奔走。なるべく安く抑えたいと思ったら、Costco を教えてもらいました。さっそく行ってみると、めがねコーナーの大きな “optical” という文字が目に入りました。

optical

ポイント

“optical” はこの場合、「視覚の」という意味で使われています。

optical | Macmillan Dictionary

optical: connected with sight or light

(視界だけでなく、光に関して使われることもあるんですね〜)

めがね屋さんではよく “optical” の文字を目にします!

補足

というわけで、さっそく Costco でめがねフレームをチェックしてみると、確かに安いです!

optical 3

optical 2

実はこの Costco に来るまで3軒めがね屋さんを回ったのですが、一番安くて100ドル代、平均200〜500ドルで高いフレームだと700〜800ドルのものなどもあったので、100ドル以下のフレームが多い Costco は天国に思えます。

しかし、ここで問題が。なんと Costco はレンズを入れるのに7営業日(business day)かかるそう。私、そんな7日間も待っていられません。

「当日中に使えるようになりたいんですけど」というと、大手めがねチェーンの『Lenscrafters』を紹介してもらいました。そこなら1時間で作業が完了するとのこと。

さっそく行ってみると、ちょうど「フレームを買うとレンズ半額キャンペーン」の真っ最中でした。

It’s our best offer of the year! Hurry in today! http://bit.ly/1H50LE

Posted by LensCrafters on Tuesday, July 21, 2015

でもあいにく良いフレームが見つからなかったので、Costco で見つけたフレームを買って持ち込むことに。その場合でもレンズが20%オフになりましたが、Costco のレンズと比べるとやはりレンズ代高めです。Costco のフレームと Lenscrafters のレンズという組み合わせで、結局保険を適用しても自己負担で2万円弱かかる計算になりました。

かなり痛手ですが、どうしても7営業日は待てないので値段のことは諦め、Lenscrafters でめがねを作ってもらった私。視力がちょっと下がっていたので、この機会に新しい処方箋で作り直してもらい、なんとか1時間後に新しいめがねを無事手に入れることができました。

もともとのめがねは日本の『JINS』でレンズ込みで確か1万円以内で買ったものだったので、それと比べると大幅出費ですが、まあ仕方ありません・・・

ジェガーさんにいつめがねを踏まれても良いように、今度日本へ一時帰国する時は JINS でもう一本予備を作りたいと思います!