「産婦人科」は英語で何と言う?

以下の写真はホリデーシーズンの時に撮影したものですが、そういえば私、最初この「OB/GYN」の意味が全くわかりませんでした。


OB-GYN

ポイント

“OB-GYN” は「産婦人科」という意味です。

Definition: OB/ GYN is an abbreviation for obstetrician/ gynecologist. An OB/ GYN’s job is to screen for certain diseases including cancers of the breasts, cervix, uterus, vagina and surrounding area. Another important part of an OB/ GYN’s job is to diagnose and treat female reproductive health issues that include sexually transmitted diseases, menstrual issues, diseases of the breasts, uterus, fallopian tubes, and ovaries, as well as fertility problems, and premenstrual syndrome and menopause related issues.

The OB/ GYN is the specialist who is responsible for helping women have healthy pregnancies and healthy newborns. For the majority of OB/ GYN practices, the monitoring of pregnant women and delivery of their newborns is their primary practice.

An OB/ GYN also performs surgical procedures that include C-sections and hysterectomies, as well as other procedures such as colposcopy and the LEEP.

(”obstetrician/ gynecologist” の略なんですね!”obstetrician” は「産科医」、”gynecologist” は「婦人科医」という意味です!)

via Obstetrician/Gynecologist (OB/GYN) Definition

ちなみに読み方は、そのままアルファベット読みです。

補足

というわけで、なんやかんや妊娠9ヶ月目に入りました。

以前『サプリのボトルで目にした「prenatal」の意味とは?』という記事でアメリカの妊婦の検診事情についてちょっと書きましたが、妊娠8ヶ月頃までは月1回の検診だった私。それが出産2ヶ月前頃となる今月から、2週間置きの検診になりました。来月、出産1ヶ月前頃になったら、今度は1週間置きの検診になるそうで、どんどん出産が近づいているのを実感せざるを得ません。

ジェガーさんと一緒に受けていたマタニティ・クラスのメンバーの中でも、早くも出産したカップルが誕生。予定日より1ヶ月早く出てきたそうですが、私自身も予定日より1ヶ月早く産まれているので、なんだか私も出産が早まる気がして仕方ありません。

ここまで来るといつ何が起こるかわからないので、日々どきどきですが、とりあえず心得をして準備だけは整えておこうと思います。

ちなみに正月に日本の家族と Skype で話していた時、弟に「今赤ちゃんの大きさどれくらいなん?」と言われて「わからへん」と言ったら驚いていたのですが、アメリカでは余程問題がない限り(先月私が受けた妊娠糖尿病の検査に引っ掛かるなど)超音波検査を何回も行わないらしく、私は性別判定の時以来赤ちゃんの様子をモニターで確認していません。一応お腹の大きさは毎回検診で測られますが、あとは赤ちゃんの心臓音を聴くだけ。検診の回数は増えても、検診時間は10分くらいで毎回めちゃ短いです。

つくづくアメリカと日本は違いが多いな〜と思うものの、赤ちゃんの様子がもう出産まで見られないのはちょっと残念でもあります。