レストランのメニューで目にした「n/c」の意味とは?

先週、前から気になっていたイタリアン・レストラン『Ristorante Machiavelli』にジェガーさんとついに行ってきました。ここは予約を受け付けないのですが、一度午後7時頃に行ったらえらい待たされたので、今回は開店と同時の入店を目指すことに。

さすがに開店と同時だと待ち時間なく席に案内してもらえたので、さっそくメニューに目を通していると、”n/c” という表現を目にしました。

Ristorante Machiavelli 1

Ristorante Machiavelli 2

ポイント

“n/c” は “no charge” という意味です。

n/c | Macmillan Dictionary

n/c: no charge: used for showing that a customer does not have to pay anything for a particular service

(ある特定のサービスに対し、顧客が払う必要がないことを示す時に使われるんですね。)

つまりこのレストラン、パンは無料でサービスされるんですね!ちなみにその下にある “refill” も以前紹介したことがあります。

補足

というわけで、さっそく注文前にパンが運ばれてきました。地元の人気ベーカリー『Columbia City Bakery』のパンで、めっちゃパリっとしていて美味しいです。

Machiavelli's 3

パスタは、ジェガーさんはボロネーゼ、私は “本日のスペシャル” だったバターナッツかぼちゃ(butternut squash)のラビオリを選択。私はバターナッツかぼちゃが大好きで、メニューで見かけると絶対注文してしまいます。

Machiavelli's 4

もう美味しすぎて、ぺろっといっちゃいました。パンもソースにつけて、最後の最後まで堪能。幸せです。

気がつくと時刻はまだ午後6時前でしたが、店内はすでにほぼ満席で、相変わらずの人気っぷり。

Machiavelli's 5

ちなみにこのレストランは、現金で支払うと5%引だそうです。

Machiavelli's 6

私たちはあいにく十分な現金を持ち合わせていなかったのでカードで支払いましたが、次回は現金を準備してまた午後5時台を狙いたいと思います!