メールや文書でよく使われる「following」の意味とは?

メールなどで相手の都合を聞く時に便利な英単語とは?』などの記事でも取り上げているように、昨年からピラティスに興味をもっている私。そんな中、前から気になっていたホットヨガのスタジオの一つが、なんと家のすぐ近くに移転してくることになりました。

なぜそのスタジオが気になっていたかというと、なんとそこ、ホット・ピラティス(hot pilates)というクラスも開講しているのです。

オープンしたらすぐメンバー登録しようと思い、「いつオープンしますか?」というメールを先月末に送ってやりとりしていたところ、ある日以下のようなメールを受け取りました。

Hi Riho,

I have exciting news! Our studio will finally open this Saturday! We will be offering FREE Classes both Saturday & Sunday at the following times:

Saturday

  • ​8am-9:30am Breathe 90
  • 10am-11am Hot Pilates

Sunday

  • ​​10am-11:30am Breathe 90
  • Go Hawks!

Our regular schedule will kick off on Monday, 2/2/15!

Cheers,

Amber Borgomainerio,
Co-Owner, Director

上記のメールで、”at the following times” と書かれていたのが気になりました。

ポイント

“following” は「次の」という意味で、メールや文書でよく使われています。

following [adjective] | Cambridge Dictionaries (American English)

following [adjective]: coming or happening after something else in order or time

(順序や時間軸において次に来るもの、という意味なんですね!)

つまりメールに書かれていた “We will be offering FREE Classes both Saturday & Sunday at the following times:” は、「土・日の両方とも、次の時間帯で無料クラスをご提供します」という意味だったのでした。

このように “following” が使われる場合、コロン(:)を伴って、その後に候補が並べられることが多いです。短い場合はそのままコロンの後に文章が続きますが、長くなる場合は上記のメールのように、コロンの後改行して下に続きます!

※以前紹介した “below” とも用法が似ています:

補足

というわけで、さっそくその土曜日に行ってみたのですが、開始時間ギリギリに到着したところ、すでにスタジオの中は人でいっぱい。ガラス張りになっているので、外から中の様子が見えたのですが、てっきり女性ばかりだと思っていたら男性も多く、しかも筋肉ムキムキマッチョです。

予想外の筋肉ムキムキマッチョに圧倒され、完全にひるんでしまった私。もはや同じ空間に入る勇気がありません。そのまま回れ右して、逃げるように帰宅してしまいました。

その後、レギュラークラスが始まると、私は気を取り直して再挑戦を決意。ホット・ピラティスがどんなものなのか、やはり一度体験してみずにはいられません。

そして先日。覚悟を決めて今度は開始時間より早めに到着すると、やはり無料ではないからか、人数がちょうどおい感じになっていました。ムキムキマッチョ率も落ち着いています。ただし、部屋がムッと暑いです。ちょっと服着すぎました。

Breathe Hot Yoga

そうこうする間にメールのやりとりをしていたアンバーさんが登場し、いよいよホット・ピラティス開始。

まさに下のビデオに映っているのがアンバーさんなんですが、エアロビクスのようなアップテンポの音楽とともに、ものすごいハイペースで進めていきはります。

気温の高い部屋の中でそんなに動きまくったら、汗だくも良いところ。後半、脱水症状になるかと思いました。思わず中高の陸上部時代を思い出すくらいしんどかったです。1時間のクラスだったのですが、その1時間が永遠に感じられて、終わった時には思わず有森裕子さんの名ゼリフ「自分で自分を褒めたいと思います」が口から出そうになりました。久しぶりに肉体と真剣に向き合いました。

家でエクササイズをする時は正直そんなに自分を追い込んでいなかったので、やはりこうして追い込んでもらいながらエクササイズをするというのは良い経験です。お金を払う価値あり、です。

というわけで、ピラティスよりホット・ピラティスの方が気に入ったので、今度はこっちに通いたいと思います。