日常生活でよく目にする「BYOB」の意味とは?

またまたネタをご提供いただきました!お住まいのアパートの屋上で居住者向けに開催されたというパーティーの案内に、「BYOB」と表記されているのが気になります。

BYOB

ポイント

“BYOB” は “bring your own bottle” の略です。

BYOB | Macmillan Dictionary

BYOB: bring your own bottle: used on invitations to show that you should take your own wine, beer, or other drink to a party

(パーティーにワインでもビールでも何でも良いのでドリンクを持ってくるよう案内する時に使われるんですね!)

冒頭の写真は “BYOB & Food” と表記されているので、この場合は「飲食物は各自持ち込み」となっていたのでした!

補足

このパーティーが開催された6月28日というのは、私のいるシアトルで大きなプライド・パレードが開催された日です。

シアトルは同性愛のコミュニティがとても発達しています。『米最高裁が同性婚を全米で合法化!のニュースで耳にした「rule」「ruling」の意味とは?』という記事にも書いたように、プライド・パレード開催直前には街の一部の横断歩道も虹色になりました。

私はこの横断歩道(crosswalk)を前から見に行ってみたいと思っていたのですが、ついに見に行って来たので、どんな感じか写真をシェアしたいと思います。ザ・虹色です!

rainbow crosswalk in Seattle1

虹色の横断歩道は一箇所だけではありません。先ほどのニュース映像によると11箇所あるそうです。

rainbow crosswalk in Seattle2

rainbow crosswalk in Seattle3

少し離れて見ると、本当に虹がかかっているみたいです。

rainbow crosswalk in Seattle4

何気ない横断歩道のはずなのに、虹色になっているだけで、横断する時めっちゃテンション上がりました。

1箇所につき6000ドルのコストがかかっているそうですが、もっと増えへんかな〜

追記

“BYOB” の最後の B は “booze” や “beer” の意味にもなるそうです。教えてくださってありがとうございます!!