映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で実現したもの5選+実現しそうなもの2選

2015年は何の年かといえば、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(Back to the Future Part II)』の年です。行き先が、2015年10月21日でした。


映画が公開されたのは1989年なので、あれから26年が経過。さまざまなメディアが『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の未来予想に関して記事をまとめていたので、私も『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で実現したものをまとめてみました。

  1. テレビ電話
  2. テレビ電話は、Skype などのサービスが一般家庭にもすでにかなり普及しています。映画に出てくるテレビ電話はアメリカの大手通信会社 AT&T のサービスとなっていますが、Skype などは無料サービスであるところが一歩進んでいるようにも思えます。

    一方、映画では2015年にも FAX が健在していましたが、FAX はほぼ過去のものとなりました・・・!

  3. メガネ型のガジェット
  4. こちらは Google Glass が登場しました。Google Glass の方がデザインもスタイリッシュで近未来的です。映画では父親にかかってきた電話も家族で共有していましたが、現代はほぼ一人一番号制で、プライバシーも進化しています。

    ちなみにこのシーンに出てくるピザハットPizza Hut)の乾燥ピザは、現実化の見込みはありません・・・。がんばれピザハット。

  5. ハンズフリーのゲーム機
  6. レトロ喫茶『Cafe 80’s』でアーケードゲーム『ワイルドガンマン(Wild Gunman)』のプレイを子どもたちに見せるものの、「手を使うなんて赤ちゃん用のゲームみたい」とがっかりされるマーティ(Marty )。現代は、XBOX などからハンズフリーのゲーム機が登場しています。

  7. 指紋認証
  8. 警察官に自宅に連れ戻される際に、指紋認証でドアを開けさせられるジェニファー(Jennifer)。現代でもまだ指紋認証はドアの鍵代わりになっていませんが、指紋認証の機能自体は大分普及してきました。近い将来、玄関のドアも指紋認証型になるかもしれません。

  9. フロリダの野球チーム
  10. これについては、1993年にフロリダ・マリーンズ(Florida Marlins:2012年にマイアミ・マリーンズ〔Miami Marlins〕に改称)が創設されました。さらに1998年には、タンパベイ・デビルレイズ(Tampa Bay Devil Rays:2008年にタンパベイ・レイズ〔Tampa Bay Rays〕に改称)もデビューを果たしています。

そしてつい先日にはナイキNike)が、”自動でひもが絞まるスニーカー” の2015年中の販売を目指していることを発表。

個人的には、早くホバーボード(Hoverboard)に乗りたいです。

すでにこちらもかなり実現に近づいてきている様子。

私はホバーボードがいつか販売された時のために今ロングボードに乗っていると言っても過言ではないので、手頃なホバーボードが出たら絶対乗りたいです。

SNS