シリア難民に関する記事で目にした「asylum seeker」の意味とは?

世界で注目が高まっているシリア難民問題。私も理解しようといろいろ記事を見ていると、ニューズウィーク誌(@Newsweek)の記事『Syrian Refugees: All You Need to Know(シリア難民:知っておくべきこと)』がわかりやすそうだったので読んでみました。

すると、”asylum seeker” という単語が気になりました。

Germany has agreed to take 800,000 asylum seekers, France 20,000 and Britain another 20,000. More countries need to accept asylum seekers.

via Syrian Refugees: All You Need to Know

ポイント

“asylum seeker” は「亡命希望者」という意味です。

asylum seeker | Macmillan Dictionary

asylum seeker: someone who has to leave their own country because they are in danger and who arrives in another country and asks to be allowed to live there

(危険なため自国を出ざるを得ず、合法的に住むことを求めて他国へ行き着く人、という意味なんですね。)

“asylum” には「亡命」という意味があります。

asylum | Macmillan Dictionary

  1. the right to stay in a country, given by a government to protect someone who has escaped from war or political trouble in their own country
  2. [OLD-FASHIONED] a mental hospital

(自国内の戦争や政治的問題から逃れてきた人を守るために政府が居住を許可する権利のことなんですね。)

つまり上記は「ドイツでは80万人、フランスでは2万人、そしてイギリスでも2万人の亡命希望者の受け入れを認めている。しかし亡命希望者を受け入れる国はさらに必要だ」と書かれていたのでした。

補足

この記事を書いている人は、レバノン(Lebanon)の首都ベイルート(Beirut)から戻ったばかり。ベイルートでは多くのシリア難民や関係者に話を聞き、ヨルダン(Jordan)やトルコ(Turkey)でも難民支援について調査をしていたそうです。

Q&A 形式でわかりやすく状況が説明されていたので、それに従ってまとめてみたいと思います。

  1. シリア難民発生のきっかけ
  2. 2011年の「アラブの春(Arab Spring)」によって引き起こされたシリアの内戦(civil war)。バッシャール・アサド(Bashar Assad)政権打倒派に対する政府の弾圧や、勢力を増すイスラム過激派グループにより、状況はどんどん混沌としていきました。

    Now, about half of Syria’s population—11 million people—have been displaced, either inside Syria or have taken refuge in other countries, mainly Turkey, Lebanon and Jordan.

    (現在、シリア人口の約半数にあたる1100万人が、シリア内、あるいはトルコ、レバノン、ヨルダンなどの他国に避難して住む場所を失っている。)

    via Syrian Refugees: All You Need to Know

  3. シリア難民を受け入れている中東地域の状況
  4. レバノン、トルコ、ヨルダン、イラクのクルド地域、そしてエジプトで受け入れられているシリア難民の数は約400万人。

    Syrian refugees in the Middle East map en.svg

    ( “Syrian refugees in the Middle East map en” by FurfurIshaan Tharoor: The Arab world’s wealthiest nations are doing next to nothing for Syria’s refugees, The Washington Post, September 4, 2015
    Syria’s refugee crisis in numbers, Amnesty International, 4 September 2015
    Jay Akbar: Revealed: How the five wealthiest Gulf Nations have so far refused to take a single Syrian refugee, Daily Mail, 4 September 2015
    svg source: This file was derived from:
     Syrian refugees in the Middle East map.svg. Licensed under CC BY-SA 4.0 via Commons.)

    In Lebanon now, a quarter of the people are Syrians. In Jordan, 10 percent are Syrians. Similar ratios are reported in some parts of eastern Turkey.

    (レバノンでは現在、人口の1/4がシリア人となっている。ヨルダンでもシリア人率は10%に及ぶ。また東トルコのいくつかの地域でも同様の比率が報告されている。)

    via Syrian Refugees: All You Need to Know

    これらの国ではもはやこれ以上シリア難民を受け入れることが厳しくなってきています。そこでシリア難民たちが向かっているのが、ヨーロッパというわけです。

  5. シリア難民の支援状況
  6. 2015年にシリア難民支援に求められている支援金55億ドルのうち、現在は約1/3が集まっている状況。集まった支援金は食料や避難所、公衆衛生に使われているほか、医療や教育、防御にも役立てられています。しかし、必要なのは支援金だけではありません。

    One potential resource is the refugees themselves. For instance, Lebanon, Jordan and Turkey have taken in most of the 4 million Syrian refugees, but most are not allowed to work because these countries have high unemployment rates and are concerned about Syrians competing with citizens for jobs.

    (難民自身も潜在的資源の一つである。たとえば、レバノンやヨルダン、トルコでは400万人に及ぶシリア難民のほとんどを受け入れているが、シリア難民の多くは働くことを許されていない。なぜならこれらの国では失業率が高く、シリア人が自国民と職を争うことを懸念しているからだ。)

    via Syrian Refugees: All You Need to Know

    しかしシリアはもともと貧しい国ではありません。貢献できる人材は豊富です。

    Letting them do so would give them dignity, make them less dependent on insufficient aid, and reduce the amount of donor money needed.

    (仕事を与えることで、彼らは尊厳を手にし、不足している支援に頼ることも減り、必要な寄付金の量も減るだろう。)

    via Syrian Refugees: All You Need to Know

前述の通り、ヨーロッパは積極的な受け入れを示していますが、実はアメリカはまだそこまで受け入れに積極的ではありません。記事にも出ていますが、アメリカは世界トップとなる5億7400万ドルもの寄付をしている一方で、シリア難民の受け入れはわずか1500人に留まっています。

ニューヨーク・タイムズ紙(@nytimes)の記事『Ex-Officials Urge White House to Accept More Syrian Refugees(元当局者がホワイトハウスにシリア難民をもっと受け入れるよう要請)』によると、一応ホワイトハウスは来年にかけて1万人のシリア難民を受け入れる意向を示してはいるものの、それでもまだまだ足りないとの見方が強いようです。

Some conservative members of Congress have raised concerns that admitting large numbers of refugees could pose risks if militants infiltrated their ranks. And administration officials have cited constraints, including the 18 to 24 months that it takes the Department of Homeland Security to do background checks.

(保守議員たちの中には、多くの難民を受け入れることによって過激派がまぎれ込む危険性を懸念している人もいる。政府関係者は、国土安全保障省によるバックグラウンドチェックに18〜24ヶ月かかるなどといった制約も指摘する。)

via Ex-Officials Urge White House to Accept More Syrian Refugees – The New York Times

実際、アメリカは以前はもっと難民受け入れに寛容でした。1979年にはベトナムから11万1000人の難民を受け入れており、その数は翌年には倍の20万7000人に膨らんでいます。また同時期にアメリカはキューバからも、マリエル事件(Mariel boatlift)による難民を12万人以上受け入れていました。特にベトナム系アメリカ人のコミュニティは、今はすっかりアメリカに根付いています。

しかし、難民受け入れの数は9.11を機に縮小。現在は難民受け入れの上限が年間7万人と決まっています。

今回の問題を機にアメリカの難民受け入れもまた少し緩和されるのでしょうか。