天気予報でよく使われる「advisory 」の意味とは?

私がシアトルに住み着いてもうしばらく経ちますが、年々夏が暑くなっていっている気がします。ワシントン・ポスト(@washingtonpost)紙でそのシアトルの今年の暑さが取り上げられていたので読んでみたところ、”advisory” という単語が2回出てきました。

A heat advisory is in effect through Saturday afternoon for Seattle, Tacoma and the east Puget Sound lowlands, and an excessive heat warning has been issued for the valleys of western Oregon.

via A parched Seattle breaks two incredible all-time records — hot and dry – The Washington Post

The cities of Seattle, Everett and Tacoma issued water advisories on Monday, hoping to extend the life of their steadily shrinking reservoirs until the fall.

via A parched Seattle breaks two incredible all-time records — hot and dry – The Washington Post

ポイント

“advisory” は「勧告」という意味です。天気予報で使われると「注意報」になります!

advisory | Cambridge Dictionaries (American English)

advisory: an official announcement that contains advice, information, or a warning

(アドバイスや情報、警告を含む公式発表のことなんですね〜)

つまり一文目は「熱気注意報は土曜日の午後までシアトル市、タコマ市、東ピュージェット・サウンドの低地で発令中。また、西オレゴンの渓谷では熱気警報が発令されている」、そして二文目は「シアトル市、エベレット市、タコマ市では月曜、着実に縮小している貯水池が秋まで持ちこたえるよう、貯水注意報が発令された」と書かれていたのでした。

※補足:「熱気注意報 (Heat Advisory)」「熱気警報(Excessive Heat Warning)」の訳は、ニュヨーク緊急管理局の日本語資料を参考にしました!

補足

というわけで、シアトルは今年、記録を叩き出しました。今週水曜日、華氏90度以上を越える日数が歴代最高記録と並んだのです。さらに木曜ももれなく華氏90度以上を記録したので、記録更新です。

It’s also setting up to be the all-time hottest month on record for the city, beating out August 1967, when the average high temperature was a toasty 83.7 degrees, and the average temperature overall was 71.1. So far the average temperature for the month of July is 70.7 degrees — 5.1 degrees above normal. On average, the summer heat doesn’t peak in the Seattle area until the first week of August.

(さらに今月はシアトル史上最も暑い月の記録も更新しつつある。これまでの記録は1967年8月で、平均最高気温華氏83.7度、平均気温71.1度だった。今のところ、7月の平均気温は70.7度で例年より5.1度高い。例年、シアトルでは夏はいつも8月の第1週まで暑さのピークを迎えなかった。)

via A parched Seattle breaks two incredible all-time records — hot and dry – The Washington Post

暑いだけではありません。雨も今年全然降っていません。

Seattle has more to worry about than just the heat, though — they’re also running short on water. The cities of Seattle, Everett and Tacoma issued water advisories on Monday, hoping to extend the life of their steadily shrinking reservoirs until the fall.

(シアトルが心配すべきことは暑さだけではない。水も不足している。シアトル市、エベレット市、タコマ市では月曜、着実に縮小している貯水池が秋まで持ちこたえるよう、貯水注意報が発令された。)

via A parched Seattle breaks two incredible all-time records — hot and dry – The Washington Post

ワシントン大学の大気科学教授、クリフ・モス(@cliffmass)さんによると、乾燥はこの冬まで米北西部からカナダ西部にかけて続く見込みだそうです。これも典型的なエルニーニョ現象とのこと。

As of this week, the entire state of Washington is in at least severe drought, and 32 percent is in extreme drought.

(今週の時点で、ワシントン州全体が少なくとも深刻な干ばつ状態、32%の地域においては極端な干ばつ状態となっている。)

via A parched Seattle breaks two incredible all-time records — hot and dry – The Washington Post

私はシアトルの雨があまり好きではないので、雨が降らないのはハッピーだと思っていましたが、これだけ降らないとやっぱりちょっと降って欲しくなってきました。