「トリュフ」は英語で何と言う?

ジェガーさんも私も普段はあまりスナック菓子を食べないのですが、先日家に帰るとポテトチップスが4種類も家にありました。

Lays 1

その中で特に “Truffle Fries” というのが気になりました。

Lays 5

ポイント

“truffle” は「トリュフ」という意味です。

truffle | Macmillan Dictionary

  1. a fungus that grows under the ground and is very expensive to buy because people consider it a special food
  2. a soft chocolate candy that often has alcohol in it

(”fungus” は「キノコ」という意味です!また、チョコレートの「トリュフ」も同じスペルです。)

つまり、”Truffle Fries” は「トリュフ味のフライドポテト」という意味だったんですね!

補足

実はこの “Truffle Fries”、一般の人が提案した味。袋の裏には、提案した人の名前と顔写真、コメントもばっちり載っていました。

Lays 6

他の味もどれもみんな超個性的です。

Lays 2

Lays 3

Lays 4

これら4つの味は、今年の1月から3月にかけて募集された中のファイナリストたちで、7月末から10月18日まで一般投票を受け付けています。

Lays 7

(クリックするとリンク先にジャンプします)

見事最優秀賞に輝いたら、今年の7月15日から来年の7月15日までの純売上高の1%または100万ドルが賞金にもらえるとのこと。残りのファイナリストたちにもそれぞれ5万ドルの賞金が授与されます。

さらに、投票する人たちにも賞金獲得のチャンスが。なんと、自分が投票した味を「アンバサダー」としてプロモーションしてポイントを稼ぐと、その味が最優秀賞に選ばれた際に、最もポイントを獲得したアンバサダーに賞金1万ドルが贈られるとのこと。他のファイナリストの味を応援したトップアンバサダーたちにももれなく5000ドルが贈られるそうです。

ちなみに各味は、Lay’s のシェフが実際に食べものを作り、その味をチップスを再現しているとのこと。


私も4種類食べてみましたが、正直食べる前は「絶対トリュフ味のフライやろ」と思っていました。ところが食べてみると、ちょっとクセがあります。ギロも羊肉の香りが強く、ルーベンサンドイッチもチーズの主張が強め。

なんと私が一番気に入ったのは、一番「ありえへん」と思っていたグレービービスケットでした!ジェガーさんも「うわっ、グレービーの味ちゃんとする!」とお気に入り。

ちなみにこれらのチップス、ジェガーさんが店頭で見つけられず、無駄に小サイズの詰め合わせを Amazon.com で大人買いしたので、欲しい方がいたらおすそ分けします。メールTwitterFacebook でお気軽にご連絡ください。

Lays 8

いやはや、どれが最優秀賞になるのか気になります!