給水器で目にした「tepid」の意味とは?

相変わらずジェガーさんの病院通いは続いていますが、私も先日用があって病院に行ったところ、待合室に給水器が置いてありました。

tepid 1

待っている間にちょっと水を飲もうと思って近づいていったところ、”TEPID” と “COLD” の二つの選択肢に分かれているのに気がつきました。

tepid 2

ポイント

“tepid” は「ぬるい」という意味です。

tepid | Oxford dictionary (American English)

  1. (Especially of a liquid) only slightly warm; lukewarm
  2. Showing little enthusiasm

(”lukewarm” は以前『温度計の表示で目にした「lukewarm」の意味とは?』という記事で取り上げました!2. のように熱意に欠ける時にも使われるんですね〜)

つまり、給水器の選択肢は「ぬるま湯」「水」の2種類だったのでした!

補足

というわけで私も最近久々に病院に通っているのですが、アメリカの病院は朝始まるのが異様に早いです。

基本的にどこの病院も予約して行く仕組みになっているのですが、先日のアポは午前7時半でした。書類に記入する時間も含めて、病院には7時15分には着いていないといけません。

そのアポを逃せば次のアポの空きは1週間後だったので、仕方がないので起きて行ってきましたが、なんで病院行くのにそんなに早起きしなあかんねん、という感じです。

ちなみにジェガーさんも9月初旬にもう一度手術を控えているのですが、なんとその手術の開始時間も午前7時半。しかもジェガーさんの場合は手術なので、なんと2時間前に行っておく必要があるそうです。

それってつまり・・・5時半ってこと!?

朝の5時半から病院行くなんて・・・アメリカの病院は病人にけっこう過酷です。