香港で起きている民主派デモに関するニュースで耳にした「take a stand」の意味とは?

香港でのデモが勢いを拡大し続けています。現状を理解するために、いつものごとく香港の歴史をふりかえっていたところ、NBC News の動画でナレーターが・・・

Tensions today are already high and in the face of significant repression and uncertainty the people of Hong Kong are taking a stand.(3:18)

と言っていました。

ポイント

“take a stand” は「立場を明確にする」という意味です。

take a stand | Wictionary

take a stand:[idiomatic) To assert an opinion or viewpoint; to defend one’s point of view or beliefs

(意見や観点を強く主張する、あるいは見解や信念を守る、という意味なんですね。)

つまり動画のナレーターは、「現在すでに緊張感は高まっており、著しい自由の抑止と不確実さを前に、香港の人たちは態度を明確にしています」と言っていたのでした。

補足

もともとイギリスの直轄植民地(crown colony)だった香港。1984年に中英共同声明(Sino-British Joint Declaration)が発表され、香港が中国に1997年に返還されること、そして「一国ニ制度(One Country, Two Systems)」が香港返還後50年にわたって(2047年まで)続くことが定められました。

問 3
「一国両制(一国二制度)」とはどういうことですか
  答
 一つの国(中国)の中で、二つの制度(社会主義と資本主義)が併存して実施されることをいいます。具体的には、社会主義国である中国がその特別行政区である「香港で社会主義の制度と政策を実施しないこと」(基本法序文)で、「香港特別行政区は社会主義の制度と政策を実施せず、従来の資本主義制度と生活様式を保持」(基本法第5条)することです。この状況は「50年間変えない」(基本法第5条)ことになっています。一つの国で社会主義と資本主義という異なる二つの制度が併存するのは、世界でも初めての試みです。

via 香港の中国返還Q&A | 外務省

1990年、香港の憲法とも言うべき「香港基本法(Hong Kong Basic Law)」成立。1997年、香港は中国に返還され、一特別行政区(special administrative region)になりました。ここまでは私も世界史で習ったので覚えています。

香港の政治の仕組みについては、現在は間接選挙で、トップの行政長官(Chief Executive of Hong Kong)は選挙委員会(election committee)によって選出されているようです。香港基本法は「2007年以降に直接選挙の導入を認める」としていましたが、中国政府が「2007年以降というのは、2007年という意味ではない」という解釈を示し、実施が怪しくなっていきました。

2007年、中国は2017年の行政長官選挙に直接選挙(popular vote)を導入すると決定したものの、今年の夏になって立候補の条件に「選挙委員会から過半数の賛成を得ること」という条件を付与。「それでは真の普通選挙ではない」として市民たちが立ち上がり、現在の民主化デモへと発展しています。


このデモは、市民たちが催涙ガスから身を守るために傘を使って抵抗していることから、「雨傘革命(Umbrella Revolution)」とも言われています。


一方、私が香港のニュースを追っていて気になるのは、デモとテクノロジーの関係。2011年のエジプト革命の時もそうでしたが、香港で起きているデモでも、テクノロジーが駆使されています。特に私が気になるのは FireChat というアプリ。

FireChat

無料
(2014.10.03時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

この FireChat の画期的なところは、WiFi や電波がなくても使えるところです。どうやってメッセージを送受信するのかと思ったら、Bluetoothと Wi-Fi シグナルを使うそうです。チャットルームにアクセスして公にメッセージのやりとりをするので、個々のやりとりはできませんが、Bluetooth の届く半径200メートル内で「警察がどのあたりにいるか」「どのエリアがブロックされているか」などの情報交換が行われているそう。半径200メートルというのはだいたい20歩くらいです。以下の動画で実験されています。

FireChat は、民主化デモの17歳のリーダー、ジョシュア・ウォン(Joshua Wong)さんが周囲に勧めたところから香港で爆発的に広がったと言われています。

ちなみに、『In Hong Kong’s protests, technology is a battlefield – Quartz』という記事によると、香港はなんと携帯所持率が驚異の237%だそう。平均1人2台も携帯を持っているんですね!

その驚異の携帯ネットワークが、香港市民のライフラインになっているようです。

追記

FireChat はメッセージが公開されるため、懸念点もあるようです→ ネットのいらないチャットアプリ「FireChat」、香港のデモで利用急増中 « WIRED.jp