『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のパロディ予告8選

先日、2015年12月公開予定の J・J・エイブラムス(J.J. Abrams)監督版『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Star Wars: The Force Awakens)』のティーザー予告が公開され、さっそく話題になっています。


予告そのものが話題になるだけでなく、パロディ予告も次々に登場。『11 funny alternatives to the ‘Star Wars: The Force Awakens’ trailer – Pocket-lint』という記事にまとめられていたので、気に入ったものをピックアップしてみました。

  1. もしもジョージ・ルーカス(George Lucas)さんが監督していたら・・・編
  2. 余計なものを一切排除し、スターウォーズの新しい世界観を提示した J・J・エイブラムス監督のティーザー予告を、もしもジョージ・ルーカスさんが監督していたら、きっとあちらこちらにお馴染のキャラクターが映り、ごちゃっと感が復活していたでしょう。

  3. もしもマイケル・ベイ(Michael Bay)さんが監督していたら・・・編
  4. もしも『トランスフォーマー』シリーズなどで知られるマイケル・ベイさんが監督していたら、必要以上に爆発が多用され、音響がごちゃごちゃしていたでしょう。

  5. もしもウェス・アンダーソン(Wes Anderson)さんが監督していたら・・・編
  6. もしもウェス・アンダーソンさんが監督していたら、お馴染の黄色い文字やポラロイド写真が使われ、映像も若干ノスタルジックになっていたでしょう。

  7. もしも『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーGuardians of the Galaxy)』風だったら・・・編
  8. もしも『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』風だったら、リズム感と陽気さが増していたでしょう。

  9. もしも J・J・エイブラムス監督がレンズフレアを多用したら・・・編
  10. 『スター・トレック(Star Trek)』シリーズなどを筆頭に、レンズフレアを多用することで知られる J・J・エイブラムス監督。もしもその禁断症状が出ていたら、おそろしいほどに画面はまぶしくなっていたでしょう。

  11. もしもレゴ風だったら・・・編
  12. ティーザー予告公開後、かなり早い段階で登場したレゴ版予告。このレゴ版が、後に続くパロディ予告ブームの先駆けとなりました。

  13. もしも『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back)』が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風だったら・・・編
  14. ここまでくると、もはや何がなんだかわかりませんが、もう何でも『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風にできそうです。

まだまだ追加されそうな気配もするので、発見次第追加していきます!

・・・と思ったら、記事公開直前に「もしもクエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)さんが監督していたら・・・編」を発見しました。

もしもクエンティン・タランティーノさんが監督したら、60〜70年代感 & 血みどろ感満載になるでしょう。

追記

(1.1.2015)

『スターウォーズ・エピソード7』の邦題が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に決定したため、タイトルと記事文中のタイトルを全て邦題に書き直しました!