日常生活で使われる「pj’s 」の意味とは?

休日の朝、ジェガーさんに「今からジェガーママ来るって」と言われ、「えっうちまだパジャマ姿やねんけど」と言うと、ジェガーさんがジェガーママに “Riho is still in her pj’s .” と送っているのが見えました。

ポイント

「パジャマ」は英語では通常 “pajamas” と複数形で使うので、短縮する場合も “pj’s ” となります。

pj’s | Macmillan Dictionary

pj’s: [INFORMAL] pajamas

つまりジェガーさんは、私が言った言葉をそのままジェガーママに伝えていたんですね。って、こらー!

補足

今週私たちの住んでいるアパートで小火が発生するという事件があり、深夜1時に火災警報(fire alarm)が鳴って非難した時も、ジェガーさんが “so our building caught on fire. Here’s Riho outside in her PJs.(アパートで家事。こちら、パジャマ姿で外にいる Riho の姿です。)” と Facebook に写真付きで投稿してはりました。

実は私、この数日前まで夜更かしを続けていて、この日は久しぶりに早く寝た日でした。なので深夜1時の時点ではジェガーさんも私もぐーすか寝ていたのですが、火災警報の音で2人同時に起床。私が事態を把握しようとしている間、ジェガーさんは文字通りベッドから飛び起きて玄関に走り、廊下へ出て「煙や!」

私はとりあえず貴重品とパソコンをつかみ、あたたかいコートとブーツを身につけて廊下へ。ジェガーさんもほぼ同じスタイルで廊下へ出てきて、2人で口元を覆いながら非常階段で外に非難しました。

裏口から外に出ると、すでに住民の輪が。まもなく消防車も到着。

fire 1

消防士たちが防煙マスクを身に付けて中に入っていきます。

fire 3

結局、原因は地下のランドリー室でした。どうやら誰かが油か燃料を含んだシーツを洗濯していて、完全に汚れが落ちきっていないまま乾燥機に入れてしまい、発火してしまった模様。

そもそも何でそんな深夜に洗濯してんねん、という感じですが、放火などじゃなくて良かったです。でも、あまりに咄嗟であわてたので、この機会にジェガーさんと非常時の対策を見直そうと思います。