ブラジルW杯・日本 VS コートジボワール戦のニュース見出しで目にした「Ivory Coast」の意味とは?

先日、ブラジル・ワールドカップで初戦を迎えた日本。時差の関係で私のいるところは14日(土)の午後6時からというゴールデン・タイムに放映されたので、私はこちらの日本人で集まってわいわい祖国を応援していました。

その後、帰宅後にニュースをいろいろ見ていると、見出しで “Ivory Coast” という文字を何度も目にしました。
Ivory Coast 1

(クリックするとリンク先に飛びます)

Ivory Coast 2

(クリックするとリンク先に飛びます)

Ivory Coast 3

(クリックするとリンク先に飛びます)

ポイント

“Ivory Coast” というのは、コートジボワールの英語名です!

Ivory Coast | Longman Dictionary

Ivory Coast: the English name for Côte d’Ivoire, a country in West Africa

(”Côte d’Ivoire” はフランス語です!)

コートジボワール政府は1986年に “Côte d’Ivoire” を正式国名にすると宣言していますが、英語圏ではいまだに大手メディアでも “Ivory Coast” という表記を使用していることが多いみたいです。

ちなみに、FIFA は “Côte d’Ivoire” という表記を使用していました!
Côte d'Ivoire

補足

というわけで、日本は前半16分に本田さんが1点を決めてリードしたものの、後半立て続けに2点入れられ、残念ながら負け越しとなりました。試合のハイライトは以下で観られます。

個人的なハイライトは、周りの女の子たちがやたら内田篤人選手にときめいていたこと。今ブログを書きながら内田選手について改めて調べてみたら、こんな “まとめ” もありました。

恋人にしたい日本代表で2冠って・・・どんなけモテんねん・・・!

ファッションムックやグッズもあるそうです。


私は顔にときめくタイプではなくて、どちらかというと声にときめくタイプなので、内田選手の声を知らない今は何とも言えませんが、確かに女性にモテそうです。

ちなみに私は、ゴールキーパーの川島選手の手袋と靴が左右で色違いだったのが一番印象に残りました。

コートジボワールの選手にも一人靴の色が左右で色違いだった人がいたのですが、あのファッションはサッカー界で今流行っているのでしょうか。めちゃオシャレです。