今年最も RT された “ゴールデン・ツイート” に書かれていた「if only」の意味とは?

今週『『YouTube Rewind 2014』のメイキング映像で耳にした「dead-on」の意味とは?』という記事で、YouTube が今年1年を振り返った『YouTube Rewind 2014』を紹介しましたが、Twitter も今年1年を振り返っていました。

Twitter の公式ブログによると、毎年最も RT されたツイートは「ゴールデン・ツイート」と呼ばれるそうですが、今年のゴールデン・ツイートは、アカデミー賞でエレン・デジェネレスさんが発信した以下のツイートだったそうです。

あらためて読んでみると、”if only” という表現が気になりました。

ポイント

“if only” は「せめて〜だったら」という意味です。私は受験英語で覚えた記憶がありますが、実際よく使われています。主に話し言葉で使われるそうです。SNS も基本的に話し言葉なので納得です。

if only | Macmillan Dictionary

  1. used for saying that you would like a situation to be different
  2. used for saying that when something good happens, it may only be for a limited purpose, time, etc.

(仮定法なので、”if only” の後の動詞は過去形になる必要があります!)

つまりエレン・デジェネレスさんは、「せめてブラッドリーの腕が長かったら。今までで最高の写真」とツイートしていたのでした。当たり前ですが、ちゃんと “if only” の後の be 動詞が “was” になっています!

補足

というわけで、#YearOnTwitter で個人的に印象に残ったツイートに、Twitter 公式ブログの解説と私のブログ記事を添えて、私もこの1年を振り返ってみたいと思います。

  1. 1月:#Grammys
  2. グラミー賞では、個人的にはレストラン・チェーンのアービーズ(Arby’s)が発信していた以下のツイートもツボでした。言われてみれば、アービーズのロゴの帽子、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)さんがかぶっていた帽子にそっくりです!

  3. 2月:#SuperBowl
  4. 今年のスーパーボウルは、私のいるところのシアトル・シーホークス(Seattle Seahawks)が優勝したので、街中本当大盛り上がりでした!優勝パレードは私も見に行きました!

  5. 2月:#Sochi2014
  6. 個人的にソチ・オリンピックで一番感動したのは、レジェンド葛西さんでした。

  7. 3〜4月:#MH370
  8. マレーシア航空については、#MH370 だけでなく、#MH17 もありました・・・

  9. 5月:#BringBackOurGirls
  10. 今年5月にあった、ナイジェリアの女子生徒大量拉致事件。ブログでは取り上げていませんでしたが、有名人たちも #BringBackOurGirls というハッシュタグを使って多くのメッセージを発信していました。

    #BringBackOurGirls: In response to a mass kidnapping in Nigeria, millions of Tweets were sent mentioning #BringBackOurGirls. This map visualizes the hashtag’s global spread over a two-week period.

    via The 2014 #YearOnTwitter | Twitter Blogs

  11. 6月:#WorldCup
  12. ワールドカップ開催中は、1ヶ月に6億7,200万のツイートが発信されたそうです。ピーク時にはなんと、1分間に618,725ツイートを記録。今年の年間最高記録だそうです。

    World Cup: The biggest sports story in 2014, especially on Twitter. Fans, players, teams and media sent over 672 million Tweets during the month-long tournament. At its peak, there were 618,725 Tweets sent per minute — the largest peak we measured this year — when Germany (@DFB_Team) took home the championship.

    via The 2014 #YearOnTwitter | Twitter Blogs

  13. 8月:#IceBucket Challenge
  14. アイス・バケツ・チャレンジは、日本でもブームになりましたね・・・!

  15. 8月:#Ferguson
  16. 全米で今も抗議活動が続いている、ミズーリ州ファーガソンで起こった黒人青年射殺事件。事件の起こった8月には1,800万のツイートが発信され、11月に大陪審が不起訴を決定した際には、数時間で350万ツイートを全米で記録しました。

    #BlackLivesMatter: There were more than 18 million Tweets about the #Ferguson protests in August, as charted in this visualization. In the hours following the grand jury’s decision in November, there were 3.5 million Tweets from across the U.S. Also tied to a similar grand jury decision in New York, this map shows how powerfully the hashtags #ICantBreathe and #BlackLivesMatter shaped the conversation on Twitter.

    via The 2014 #YearOnTwitter | Twitter Blogs

  17. 8月:#Ebola
  18. アメリカ国内でもエボラ感染が確認された時は、私もけっこう冷や冷やしていました・・・!

  19. 9月:#IndyRef
  20. 歴史的だったスコットランドの独立投票。Twitter でも大きなトレンドとなり、最初に議論が持ち上がってから投票が終わるまで、375万ツイートが発信されたそうです。

    #IndyRef: Scottish citizens used Twitter to say “yes” or “no” regarding a referendum on independence from the UK in the days leading up to the vote in September. This interactive map of geotagged “yes” or “no” Tweets shows the global nature of the conversation, which spread well beyond Scotland. Fom the first debate through polling day, there were more than 3.75 million Tweets about the referendum.

    via The 2014 #YearOnTwitter | Twitter Blogs

  21. 9月:#UmbrellaRevolution
  22. 香港で民主化デモが発生した当初、Twitter では #occupycentral というハッシュタグが主に使われていましたが、後にハッシュタグは #UmbrellaRevolution(雨傘革命)へと変化。230万以上ツイートが発信されました。

    Hong Kong protests: When citizens of Hong Kong gathered to protest governmental electoral reforms, characterized by the hashtag #occupycentral, people over the world took to Twitter to add their thoughts. There were more than 2.3 million Tweets about what became known as the #UmbrellaRevolution. Here are the most shared photos, and here’s how the event played out on Twitter.

    via The 2014 #YearOnTwitter | Twitter Blogs

  23. 10月:#MalalaYousafzai
  24. 今年ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんについては、ブログでも2013年に一度取り上げました!

こうして振り返ってみると、私なりにアメリカや世界で起こった出来事を、けっこうブログで網羅している気がします。

自画自賛ですみません。

関連

YouTube と Vine の有名人について書かれた記事で目にした「tween」の意味とは? | ツカウエイゴ