Twitter の連続ツイートでよく使われる (cont) の意味とは?

先日、私のいる市内の大学で、銃乱射事件が発生しました。

アメリカ西海岸のシアトルにある大学の構内で男が銃を乱射して1人が死亡、3人がけがをし、警察は男の身柄を拘束して捜査しています。

事件があったのは、アメリカ西部、ワシントン州シアトルにあるシアトルパシフィック大学の構内で、5日午後3時ごろ(日本時間の6日午前7時ごろ)、男が突然、銃を乱射しました。
地元の病院によりますと、この銃撃で20代の男性1人が死亡したほか、3人がけがをし、このうち1人は重体だということです。
警察によりますと、そばにいた学生が乱射した男を取り押さえたということで、警察は男の身柄を拘束して、事件の詳しい経緯を調べています。

via 米 大学で銃乱射1人死亡3人けが NHKニュース

この容疑者を取り押さえた学生が今、私たちのいるところでヒーローとなっています。

警察によると、警備員として勤務していた学生は、男が銃を装填している隙をみて催涙スプレーを噴射して男を組み伏せ、これを見たほかの学生たちも協力して取り押さえた。

via CNN.co.jp | 大学で発砲、死者 米シアトル

そのヒーローの身元が判明するやいなや、なんと今月結婚予定であることが発覚。ヒーロー夫婦は、オンラインで “wedding registry” を公開していました。

ウェディングレジストリとは

新郎新婦が欲しい物をリストアップし、親族や友人がそのリストのなかからそれぞれ選んでふたりに贈るというアメリカの風習。フランスのリスト・ド・マリアージュという風習が由来で、このリストのことをウィッシュリストともいう。

via ウェディングレジストリとは|海外スタイル|楽天ウェディング

そのことがわかると、「ヒーローに幸せになってもらいたい!」と願う人たちが次々にリストの品物を購入。事件があったのは木曜日だったのですが、その日のうちにヒーロー夫婦の「欲しいものリスト」は全て購入されました。

すると今度は、地元の ESPN のエグゼグティブ・プロデューサーが、「2人の幸せを願ってハネムーンをプレゼントしよう!」とファンディング・サイトを立ち上げ。
Jon and Kalie Meis
以下のツイートによると、本人はヒーローとは全く面識がないそうですが、一連のツイートを読んでいて、ふと (cont) と書かれているのが気になりました。

ポイント

“cont.” はこの場合、”continue” の省略形として使われています。

cont. | Macmillan Dictionary

  1. content
  2. cont. or contd.: continued: used for showing that a piece of writing is being continued

(1. のように、”content〔中身〕” という意味の省略形としても使われるんですね〜)

ツイートの (cont) は、いわゆる(続く)(続)という意味で書かれていたのでした!

補足

というわけで「ハネムーン募金」はこの記事を書いている米6/7時点で、3万ドルを突破。1ドル100円と単純に換算しても300万円以上になるので、そうとう良いハネムーン旅行ができるはずです。

でも、ヒーローがもし勇気ある行動を取っていなかったら、もっと大惨事になっていたかもしれません。命を懸けて危険に立ち向かったヒーローには、私もぜひ末長く幸せになっていただきたいと思います。