シットコム『となりのサインフェルド』で耳にした「comeback」の意味とは?

前回『単なる強調ではない!?さまざまな場面で使える強調の「do」の使い方とは?』という記事で『となりのサインフェルド』がアメリカのストリーミングサービス Hulu で観られるようになったことについて紹介しましたが、やはり『となりのサインフェルド』は人気シットコムというだけあってファンが多いです。

おかげさまで、この度なんと『ツカウエイゴ』初の寄稿記事をいただくことができました!寄稿してくださったのは、これまでブログでも何度も紹介している SIJP(Seattle IT Japanese Professionals) の会長。大ファンということで、めちゃめちゃ濃い内容になっています!

どうぞお楽しみください。


今から20年以上前、日本にいたとき、英語の勉強方法として、NHK の海外ドラマをみてシャドウイングをやるというのがありました。

40代以上の人はわかっていただけると思いますが、YouTube のなかった時代だったので、それが一番安い方法でした。ドラマの副音声を録音して、ウォークマン(?)でしょっちゅう聞いていました。

見ていたドラマの変遷:

  1. 素晴らしき日々(Wonder Years)1988-1993(最終回は涙ものでした)
  2. フルハウス(Full House)1987-1995(僕の娘の英語名に Michelle とつけたのもこのドラマのせいです)
  3. フレンズ(Friends)1994-2004(今思えば何で夢中にみていたかわかりません)
  4. となりのサインフェルド(Seinfeld)1989-1998(この時はもうすでに日本を飛び出していました)

『Seinfeld』は僕の一番好きなシチュエーションコメディ(シットコム)です。基本的にはコメディアンのジェリー・サインフェルド(Jerry Seinfeld)と元彼女のイレーン(Elaine)、ジェリーの親友ジョージ(George)、ジェリーのアパートの隣人クレーマー(Kramer)が織り成す ”Show about nothing” がテーマのシットコムです。そこにはいろんなアメリカの文化が学べるものがあります。僕は DVD Box をもちろんもっていますが、ストリーミングサービスの Hulu でも見れるようになったとは、時代も変わったものです。

脚本などは Riho さんが紹介していた ”Curb your enthusiasm” のラリー・デヴィッド(Larry David)がシーズン7までジェリー・サインフェルドと共同で書いていました。ただ僕が好きなのは第8、第9シーズンです。

今回紹介するのはその中でも僕のオススメのエピソード “Comeback” です。エピソードの中で “comeback” という単語が何度も出てきます。

ポイント

“comeback” は「うまい受け答え」という意味です。

comeback | Merriam-Webster Dictionary

  • a return to a former good position or condition
  • a return to being popular or fashionable
  • a new effort to win or succeed after being close to defeat or failure

(日本では1、2番の意味が一番つかわれていますが〔カムバック賞とか〕、ここで使われてるのは3番の意味です。つまり、言い返しとかツッコミに当たると思います。)

補足

ジョージの “comeback” を見ていきましょう。

動画の冒頭、ミーティングで口いっぱいエビをほうばったジョージに対して、同僚が「海から電話がかかってきてエビが売りきれだとさ(The ocean called. They’re running outta shrimp.)」(0:17)といいました。

立腹したジョージは仲間にその話を打ち明け、ジェリーやイレーンたちがそれぞれ “comeback” を考えます。

イレーンの考えた comeback:

Your cranium called. It’s got some space to rent.(2:00)

「頭蓋骨が電話しました。”貸せるスペースがありますよ”(つまりお前はアホだといいたい)」

ジェリー・サインフェルドが考えた comeback:

Hey, Reilly. The zoo called. You’re due back by six.(2:09)

「動物園が電話しました。”6時までに帰ってこい”(つまりお前は動物園にいるんんだというジョーク)」

そしてクレーマーの考えた comeback:

I had sex with your wife.(2:15)

「お前の奥さんと寝たよ」

一方、ジョージが考えたのは「”jerk store” から電話がかかっていて、あなたが売り切れたみたいです(Well, the jerk store called. They’re running outta you)」(0:56)

後半、ジョージはなんとかその “渾身の comeback” を同僚に言うチャンスをつかむのですが、実行した途端すかさず同僚が「関係ないよ、君は jerk store の一番の売れ筋だよ(What’s the difference? You’re their all-time best seller!)」(つまり一番の jerk だよといいたい)(5:03)

jerk | Longman Dictionary

  1. a sudden quick movement
  2. [informal] someone, especially a man, who is stupid or who does things that annoy or hurt other people

(”jerk” はバカだと思う人に対して、あるいは他人をいらいらさせたり傷つけたりするような人〔特に男性〕に対して主に使われる軽蔑語です。よく使われてはいますが、使い方には要注意です!)

ジョージはクレーマー作の “I had sex with your wife.” を繰り出しますが、別の同僚に「彼の奥さんは昏睡状態だ(His wife is in a coma.)」(5:28)と言われます(これはずいぶんブラックな comeback ですね)。

“X called Y”(X は人間以外のもの)というパターンは『Seinfeld』ファンにはなじみのジョークです。

これは個人的な意見ですが、生活の上で言い返しというのは大変重要だと思います。例えば、差別の言葉とかを言われたときにそれに対して、怒るのではなくそれを上回るウィットの効いたジョークで切り返すというのを僕は心がけています。

『Seinfeld』が面白いのは20分強の1つのエピソードの間にいくつかの関係のなさそうなサブエピソードが最後でつながるという感じです。

好評であれば『Seinfeld』のほかのエピソードも紹介したいと思います。


いや〜面白いです!私自身、ジェガーママのジョークがけっこうきついと感じることがあるので、アメリカ式にいつか良い “comeback” を切り返してみたいです。私もジェガーママにすぐ切り返されそうですが・・・!

会長の他のエピソードの解説もぜひ読みたいです。続編希望のリクエストがあれば、ぜひお寄せください!

私は Hulu で『となりのサインフェルド』を観るのがさらに楽しみになってきました。この場をお借りして改めてお礼申し上げます!

寄稿にご興味があれば、お気軽にメールTwitterFacebook でコメントください。ぜひブログでご紹介させていただきたいと思います!– Riho

※質問なども募集中です!

関連

▼その後、寄稿第2弾もいただきました!『となりのサインフェルド』から学ぶ!いつもと反対の選択を選ぶという方法 : ツカウエイゴ