通じないかも!?「コーラ」の正しい英語と発音とは?

私がアメリカに来たばかりの頃の話ですが、レストランで “Can I have a cola please?” と言ったら、通じませんでした。

ポイント

「コーラ」は、アメリカやイギリスでは “coke” と言います。

coke | Macmillan Dictionary

  1. [TRADEMARK] a type of sweet brown fizzy drink (=with gas in it), or a glass of this drink
  2. [UNCOUNTABLE][INFORMAL] the drug cocaine
  3. a solid black substance similar to coal that people burn to produce heat

(映画などでは、2. の「コカイン」という意味での “coke” もよく耳にします!)

実はこの “coke” 、発音も要注意です。下のビデオでも紹介されていますが、一歩間違えると “cock” に聞こえてしまうことがあるのです。

“cock” の意味は、私はよう書けませんので、お手元の辞書でご確認ください。

補足

先日 Blu-ray を借りて観た映画『わたしを離さないでNever Let Me Go)』(2010)でも、レストランのシーンで “Five cokes, please.”(1:22)と注文してはりました。もちろん、正しい発音です。

この映画、少し前に『【Facebook ページ 1000 Likes 達成記念】プレゼントを買いに行った本屋で私が出会ったもの』という記事を書いた時に、本屋さんでカズオ・イシグロさんの原作を見て興味を持ったのですが、私は内容を全然知らなくて、てっきり恋愛ものだと思っていました。

Never Let Me Go

Kindleストア

わたしを離さないで ハヤカワepi文庫

Kindleストア

すると、さあ観よかという時になって、いきなり「これ、怖いやつちゃうん」とジェガーさん。

「えっ、怖いの?」
「確か怖い系やで」
「えっ、ホラー?」
「いや、ジャンル的には・・・SF?」

実際観てみたら、確かに SF です。一見孤児院のようなところで育っていく子どもたちに隠されたバイオテクノロジーの秘密が、確かに怖いです。でも、どちらかというと、怖いというよりは暗い作品でした。私はダークな作品が好きなので、この手の作品はかなり好きなのですが、ジェガーさんにとってはいまいちだったようです。

わたしを離さないで (字幕版)

Amazonインスタント・ビデオ
新品価格
¥300から
(2015/1/3 14:44時点)

イシグロさんは以下の映像で、自分の人生のリミットを知った若者たちを描くことで「死」に対する新たな視点を提示したかったけれども、それだと暗くなってしまうので、「死と向き合った時に何を大事だと思うか」に光を当てたと語っています。

死と向き合う登場人物たちを描く作品は多いですが、『わたしを離さないで』の場合は、そこの前提が SF になっているところが、私はめちゃくちゃ面白いと思いました。

イシグロさんが2005年に英ガーディアン誌(@guardian)に寄稿した記事『Kazuo Ishiguro on his novel Never Let Me Go』によると、もともとイギリスの片田舎で共同生活を送る学生ものの話を1990年代に書きためていたそうです。ところが、長い間そこから話を発展できず、違う本を書いたりしていたところ、ある日ラジオでバイオテクノロジーの進化について語られるのを耳にして「これだ!」と思ったそう。

若者たちの大きな関心の一つである恋愛においても、死と向き合うことで登場人物たちの心境や価値観に変化が表れていく過程が繊細に描かれています。

たとえば、キャリー・マリガン(Carey Mulligan)さん演じるキャシーは、アンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield)さん演じるトミーのことが好きなんですが、トミーとは付き合えません。トミーも明らかにキャシーのことを「人間的に好き」なのに、「性的対象として好き」かどうかというところが空白になっているわけです。それで、性的に魅力的なキーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)さん演じるルースとくっついてしまいます。

けれども人間は、結局は心の寄りどころを求める生きもの。「性的対象として好き」という気持ちだけだと、だんだん空しくなってくるのかもしれません。

同様に、人間がたとえ利便性を求めて技術を発展させたとしても、やはり死からは逃れられないわけで、一時的な解決法で人間の心が救われるかというと、やはりそうではないのかもしれません。

映画の中で流れる『Never Let Me Go』という曲が、ずっと頭でリフレインしています。

アーティストRachel Portman
カテゴリ:Soundtrack(全19曲)
リリース:2010-08-31
レーベル:℗ 2010 Fox Music
価格1,500円

関連

【Facebook ページ 1000 Likes 達成記念】プレゼントを買いに行った本屋で私が出会ったもの | ツカウエイゴ