ビジネスメールなどで使われる「営業日」は英語で何と言う?

今年の誕生日プレゼントは、iPhone 6 か iPhone 6 Plus でさんざん悩んだあげく、ジェガーさんにiPhone 6 Plus をおねだりした私。

が、今月に入ってジェガーさんから悲報が。

「iPhone 6 Plus、誕生日に間に合わへんかもしれへん」
「!?」
「出荷に2〜3週間ほどかかるらしい・・・」
「まじで」

すぐに Apple のサイトに飛んでみると、確かに出荷まで2〜3週間と表示されています(当時)。電話して聞いてみても、やはり店舗には在庫がないとのこと(当時)。「うわー」と言いながら、各キャリアの説明を読んでいると、私が現在利用している AT&T の説明もなんだかよくわかりません。

iPhone 6 Plus_Apple

AT&T のサイトで調べてもよくわからなかったので、お問い合わせフォームから連絡してみると、自動返信メールにこう書かれていました。

An AT&T Online Specialist has been assigned to your case and will respond to your concern within 2 business days; however, our response may be sooner.

ポイント

よくビジネスメールなどで使われる「営業日」は、英語で “business day” と書きます。

business day | Macmillan Dictionary

business day: a day on which most people work and business is done

(この定義ではわかりづらいかもしれませんが、いわゆる週末や祝日を除いた、会社の営業日ということになります!)

つまりメールには、「担当の AT&T オンライン・スペシャリストが、遅くても2営業日以内にお問い合わせに対応いたします」と書かれていたのでした。

補足

結局その翌日に AT&T ストアの前を通ったので、ふらっと寄ってスタッフに直接相談してみました。すると「iPhone 6 Plus をお買い求めですか?」と聞かれ、「ええ、でも出荷に2〜3週間かかると言われて・・・」と言うと、「AT&T は在庫ありますよ」との返事。

「えっ、在庫あるんですか!?」
「皆さん Apple さんに駆け込みはりますが、うちにもあります」
「盲点・・・!」

いてもたってもいられず、その場でジェガーさんに電話。

「iPhone 6 Plus、AT&T に在庫あったー!」
「おおー!」

私が訪れた店舗には在庫がなかったため、他店舗から取り寄せてもらうことになりましたが、それでも翌週には手元に入ると聞いて、るんるん。家に帰ると、ジェガーさんがスーパーマンの貯金箱を割っていました。

piggy bank

「あっこれ、貯金箱やったんや」
「iPhone 6 Plus 貯金やで」
「えらい古典的やな」

このジェガーさんの涙ぐましい貯金の甲斐もあり、私は翌週、無事に iPhone 6 Plus を入手。誕生日まで待てなかったので、店舗に受け取りに行った時点ですぐ開通してもらっちゃいました。

私のいるところは iPhone の窃盗が多いので、私は最近はストラップ付きのケースを愛用しています。

iPhone 6 Plus

iPhone 4S から iPhone 6 Plus に買い替えるに当たって、「iPhone 6 Plus が大きすぎるんちゃうか」という懸念がありましたが、実際に買い替えてみると、むしろ「今まで iPhone 4S でよく生活してたな!」と思うくらい、私にとっては大きいスクリーンは快適。私は iPhone で情報収集をすることが多いのですが、記事がめちゃくちゃ読みやすくて、感動します。

誕生日に間に合って良かったです!