ナノライモ(NaNoWriMo)とは?5万ワードで書かれた有名小説11選+1選

私が好きで読んでいるブログの一つに、『クーリエ・ジャポンの現場から』というクーリエ・ジャポン編集部のブログがあるのですが、ちょうどこんな記事が出ていました。

ナノライモって、何・・・!?

毎年11月になると、米国を中心に数十万人が小説を書き出すことをご存じでしょうか。以前にもこのブログでとりあげましたが、11月が「全国小説執筆月間(National Novel Writing Month)」、略称「ナノライモ(NaNoWriMo)」の開催月だからです。

ナノライモとは、一言でいうと、11月1日から小説を書きはじめ、11月30日までに5万ワード以上の作品を書きあげるイベントです。参加条件はとくになく、誰でもナノライモのサイトで登録をすれば参加可能。

「世界はあなたの小説を必要としている」

そんなコピーで参加者を募集し、昨年は世界全体で約31万人が参加しました(その多くは米国在住者)。ボランティアが運営する支部の数は、米国外のものも合わせると500を超えており、今年も40万人ほどが参加し、そのうち4万人ほどが11月30日午後11時59分までに単語数が5万を超える小説を書き終えると見込まれています。

via 誰でもクリエイティブな文章が書けるようになるナノライモの仕組み « クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)

なぜ5万ワードなのか、というところが気になりますが、発起人のクリス・ベイティ(@chrisbaty)さんが本棚から一番薄い本として取り出したのが、64,531ワードの『すばらしい新世界Brave New World)』だったそう。

ナノライモ(NaNoWriMo)の Wiki 版である WiKiWriMo には、他にも約5万ワードで書かれた有名小説の一覧が紹介されていました。

  1. 銀河ヒッチハイク・ガイドThe Hitchhiker’s Guide to the Galaxy)・46,333ワード
  2. きみに読む物語The Notebook)・52,000ワード
  3. 赤い武功章The Red Badge of Courage)・50,776ワード
  4. グレート・ギャツビーThe Great Gatsby)・50,061ワード
  5. 失われた地平線Lost Horizon
  6. ファイト・クラブFight Club
  7. ハツカネズミと人間Of Mice and Men
  8. スローターハウス5Slaughterhouse-Five
  9. 透明人間The Invisible Man
  10. ギヴァー 記憶を注ぐ者The Giver)・43,617ワード
  11. 華氏451度Fahrenheit 451)・46,118ワード

こうして見ると映画化された作品も多いですが、約5万ワードという長さだと映画の尺にも収めやすいのかもしれません。

実際、ナノライモ発の小説が映画化された実例もあります。たとえば、『恋人たちのパレードWater for Elephants)』(2011)。

誰でもクリエイティブな文章が書けるようになるナノライモの仕組み « クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)』には、ナノライモの背景やナノライモの “効用” などがさらに詳しく書かれていて、読んだら私もだんだん参加したくなってきました。

もうすでに11月下旬ですが・・・!