中東呼吸器症候群(MERS)に関する記事で目にした「contagious」の意味とは?

中東呼吸器症候群(MERS: Middle East Respiratory Syndrome)に関するニュースを目にするので、いろいろ記事をチェックしていたところ、ニューヨーク・タイムズ紙(@nytimes)の記事『MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals(MERS のウイルス感染路:一人の患者と、多くの韓国の病院)』がとても興味深かったので、詳しく読んでみました。

すると、”contagious” という単語が2度出てきました。

He coughed and wheezed his way through four hospitals before officials figured out, nine days later, that he had something far more serious and contagious.

via MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals – NYTimes.com

This is a very Korean thing, and I think this is not a good situation when we have a new contagious virus breaking out.

via MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals – NYTimes.com

ポイント

“contagious” は「伝染性の」という意味です。

contagious | Cambridge Dictionaries (American English)

  1. (of a disease) able to be caught by touching someone with the disease or something the person has touched or worn, or (of a person) having this type of disease
  2. [fig] Contagious also means moving easily from one person to another

(病気の患者や、患者が触ったり身につけたりしたものに触れたりして病気にかかる様子、あるいはそのようなタイプの病気を持っている患者の様子に使われるんですね。2. のように雰囲気や感情に使われることもあります。例文は “The mood was contagious, and soon everyone was laughing.〔その雰囲気はまわりに伝わって広がり、すぐにみんな笑った。〕” となっていました!)

つまり前半は、「彼は当局が病状の深刻さと感染性について認識するまでの9日間、4箇所の病院で咳をし、息を切らしていた」、そして後半は「これは韓国独特だが、新しい感染性ウイルスが流行する場合、これはあまりよくない状況だと思う」と書かれていたのでした。

補足

というわけで韓国での MERS の感染性について掘り下げて読んでみたいと思います。

The original diagnosis that missed what became South Korea’s first case of Middle East respiratory syndrome, or MERS, was possibly caused by incomplete information from the patient about his travels.

(韓国で初めて確認された中東呼吸器症候群〔MERS〕の症例はもともと診断が間違っていたが、それは患者の旅行に関する情報が不完全だったことが原因だったと考えられている。)

via MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals – NYTimes.com

世界保健機関(@who)によると、MERS の症状は一般的な風邪と似ているため、初期の発見は難しいそうです。しかし、韓国の場合、問題はそれだけではありません。

Patients jostle, cajole and name-drop to get referrals to the biggest hospitals, which they believe attract the best doctors. Family members and outside caregivers commingle with the sick in crowded emergency wards. They often stay with the patients in their rooms and do much of the nursing work — wiping sweat, emptying bedpans, changing sheets and exposing themselves to infections.

(患者たちはあの手この手で、ごまをすったり、有名な人の名前を持ち出したりして、一流の医者が集まると言われる大病院への紹介状を手に入れる。また、家族や外部の介護人も混み合った救命救急病棟で患者と身を寄せ合う。中には患者の部屋に泊まる人も多く、患者の汗を拭いたり、病人用のトイレを空にしたり、シーツを替えたりして看護に励み、感染被害に遭っている。)

via MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals – NYTimes.com

もともと MERS はラクダから人に感染したと言われていて、感染者が咳をした場合、近距離で同じ空気を吸った人に伝染する可能性が疑われています。

The hospital odyssey of the first infected patient, known as the index case, began after May 11, when he developed a fever and began coughing. He visited a clinic in his hometown Asan, south of Seoul, on May 12, 14 and 15. Perplexed doctors, not knowing he had even visited Saudi Arabia and the United Arab Emirates in early May, sent him to a bigger hospital, St. Mary’s, in Pyeongtaek, 37 miles south of Seoul.

(発端患者の病院巡りは、患者が熱を起こして咳を始めた5月11日以降に始まった。患者は12日、14日、そして15日にソウルの南にある地元アサンの診療所を訪問。困惑した医者は、患者が5月初旬にサウジアラビアとアラブ首長国連邦を訪れていたことを知らないまま、患者をソウルから南に37マイル下ったところにある大きな平沢聖母病院に紹介した。)

via MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals – NYTimes.com

しかし症状は改善せず、患者はより良い医療ケアを求めてソウルの病院へ。そこでの X 線鑑定で肺炎が疑われ、翌日ソウルの大病院の一つであるサムスン医療院に紹介されたそうです。そこでやっと MERS の疑いが持たれ、医者は患者が中東を訪問したことを確認して患者を隔離。正しい診断が下されたのは5月20日でした。

Mr. Kim said the crowded conditions at St. Mary’s had been ideal for the virus to spread. So far, 37 St. Mary’s patients have been confirmed as having caught the virus — nearly 40 percent of the known total.

(〔大韓感染学会の〕キム理事長は、平沢聖母病院の混み合った状況は、ウイルス拡大にうってつけだったと語る。今のところ平沢聖母病院では37人の感染が確認されており、全患者の40%近くを占める。)

via MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals – NYTimes.com

しかも平沢聖母病院で発端患者から感染した人の一人が、後でサムスン医療院の救命救急病棟に行き、そこでおよそ35人が感染したことがわかっています。その救命救急病棟にいた約700名も感染の疑いが持たれています。

It was only Sunday that the government revealed the names of all 24 hospitals the confirmed cases had visited — two and a half weeks after the first case was discovered. They have since added five more to the list.

(症例が確認された24箇所の病院名は、最初の症例が発見されてから2週間半が経過した日曜日まで公開されなかった。その後、リストには5例以上追加されている。)

via MERS Virus’s Path: One Man, Many South Korean Hospitals – NYTimes.com

ここアメリカでも少しずつ MERS に対する警戒が高まっていて、アメリカ疾病予防管理センター(CDC: Centers for Disease Control and Prevention)も医療現場に警告を発しています。アメリカでは昨年2名の感染が報告されましたが、現在は両名とも回復。いずれも医療従事者で、サウジアラビアで感染したそうです。

アトランティック誌の記事によると、個人でできる最大の予防法はやはり手洗いとのこと。

Rigorous hygiene practices—hand-washing with soap and warm water, especially—are the best way for individuals to protect themselves. Health officials are also reminding people to avoid touching their eyes, nose, and mouth.

(厳格な衛生管理 — 特に石鹸とお湯での手洗い — が個人でできる一番の予防法だ。衛生当局は目や鼻、口などに触れるのを避けることに関しても再認識を促している。)

via Why South Korea’s MERS Outbreak Might Not Be as Bad as SARS – The Atlantic

このアトランティック誌の記事によると、MERS は2003年に猛威をふるった重症急性呼吸器症候群(SARS: Severe Acute Respiratory Syndrome)ほど感染度は高くないみたいですが、これ以上拡大しないことを祈りたいです。