動詞で使われる「tone」の意味とは?

昨年のクリスマスにいろいろプレゼントをもらった中で、嬉しかったものの一つは、妊娠線の予防クリームでした。

オーガニックのとても良さげなものをもらい、まじまじとパッケージを見ていると、”toning” という表現が気になりました。

belly balm

ポイント

“tone” は、動詞で使われると「整える」という意味になります。

tone | Macmillan Dictionary

  1. to make your body, muscles, or skin more firm and healthy
  2. [BRITISH] if something tones with something else they look good together because their colors are similar

(体や筋肉、肌などをより張りを出して健康的にするという意味なんですね〜)

つまりパッケージには、「妊娠線を防止し、弾力性アップ。無添加・肌調整作用・保湿効果」と表記されていたのでした。

補足

このクリーム、実はよく見ると、『The Honest Company』の商品。『The Honest Company』と言えば、女優のジェシカ・アルバさんが創業者の一人として立ち上げたベビーブランドです。

アルバさんは、日用品の素材について懸念する消費者に、おむつや練り歯磨きといった毒性のない商品を販売するウェブサイトを2011年に共同で立ち上げた。「オネスト」ブランドは、幼い子供たちが不必要な化学物質にさらされるという懸念を減らすために割高な金額を払うことをいとわない親たちの間で人気が高まっている。

 オネストは今年、2014年の売上高が1億7000万ドルに拡大したと明らかにした。13年は6000万ドルだった。同社は取扱商品の75%以上をウェブサイトで販売している。実店舗での販売事業も構築中で、米小売りチェーン大手ターゲットなど2500を超える店舗でも商品を販売している。

 オネストの顧客の大半は、おむつなどの商品を毎月配達してもらうサービスの会員。

via 女優J・アルバの「オネスト・カンパニー」、評価額17億ドル – WSJ

以下の取材映像によると、ジェシカ・アルバさんは社員のデスクの真ん中に自分のデスクを構えていて、週5回出勤しているとのこと。大半の社員は若手で、最高年齢は43歳だそうです。さらに、ジェシカ・アルバさんの実のお母さんもデスクを持って仕事をしているそう。

本当かわいい商品が多くて、ついつい目移りしてしまいます。

We’ve got everything you need for bringing home baby and beyond! | #Repost: @valleybrinkroad

A photo posted by The Honest Company (@honest) on

Who else is exhausted? | #Repost: @missdarlingclementine

A photo posted by The Honest Company (@honest) on

Two things that help make Monday better: delivery day and an adorable Honest helper! | #Repost: @honest_nectar

A photo posted by The Honest Company (@honest) on

かわいいだけじゃなくて、安心して使えるのが良いところ。

ちなみに私がもらった妊娠線クリームは香料なども全く使われていないため、良い香りはしませんが、気に入ってお風呂上がりに毎日お腹周辺に塗っています。

今のところ妊娠線はできていませんが、ここからお腹がさらに大きくなっていくので、油断せずにせっせとケアしていきたいと思います!

SNS

最後のマタニティ・クラスで "swaddle" の練習。ジェガーさん、よくできました。ちなみに "swaddle" は「(布で)巻く、くるむ」という意味です!

Posted by ツカウエイゴ on Tuesday, January 12, 2016