【Facebook ページ 1000 Likes 達成記念】プレゼントを買いに行った本屋で私が出会ったもの

少し前に『【プレゼントあり】おかげさまで、ツカウエイゴの Facebook ページが 1000 Likes を達成しました!』という記事を書きましたが、先日そのプレゼントを買いに行ってきました。

The Elliott Bay Book Company 10

感謝の気持ちを込めて久々にプレゼント企画をしたいと思います!今回プレゼントするものは、本。

私がこれまでブログで紹介した英語の本の中で欲しいものがあれば、私が自腹でプレゼントします。英語の本であれば、絵本でも、料理本でも、村上春樹さんのオシャレな翻訳本でもなんでも OK です。

via 【プレゼントあり】おかげさまで、ツカウエイゴの Facebook ページが 1000 Likes を達成しました! | ツカウエイゴ

本のハードルは意外に高かったのか、私が思っていたよりも希望者は少なかったのですが、2名がプレゼントを希望してくださったので、両名にプレゼントすることにしました。

まずご希望があったのは、私も今一番欲しい本『Humans of New York』!
Humans of New York

そしてもう一冊は、村上春樹さんの『ねじまき鳥クロニクル(The Wind Up Bird Chronicle)』の英訳本!
The Wind-Up Bird Chronicle: A Novel (Vintage International)

お二人から了承を得たので、私がこれらの本を本屋さんで手に入れるまでの過程を今回ご紹介したいと思います。

私が行ってきたのは、私が地元で最も好きな本屋さん『The Elliott Bay Book Company』。創業40年の老舗で、2010年に移転してリニューアルオープンしました。
Elliott Bay Books (Capitol Hill) interior pano 01.jpg

(”Elliott Bay Books (Capitol Hill) interior pano 01” by Joe Mabel – Photo by Joe Mabel. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons

まずは『Humans of New York』を探してみたいと思います。写真集なので、”Photography” のコーナーを目指します。
The Elliott Bay Book Company 1
すると写真界の巨匠、アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson)さんを発見!
The Elliott Bay Book Company 2
実は私、以前書いた『ファミコンゲーム『スペランカー』の生みの親・スコット津村氏講演会参加レポート』という記事がきっかけで現在スコットさんと親しくさせていただいていて、そのスコットさんに『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶(Henri Cartier-Bresson: The Impassioned Eye)』(2003)という DVD をお借りしてから彼の魅力にはまっているのです。
アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶 [DVD]
こうしてアンリさんの写真集がフィーチャーされているところを見ると、やはりアメリカでも相当な影響力を持った方だということを認識せざるを得ません。

・・・と熱く語っているうちに、すっかり本来の目的を忘れそうになりましたが、『Humans of New York』が意外に見つからず、四苦八苦。マリリン・モンローさんばっかり目に入ります。
The Elliott Bay Book Company 4
と思ったら、マリリン・モンローさんの横にありました!
The Elliott Bay Book Company 5
今度は『The Wind Up Bird Chronicle』を探します。村上春樹さんの小説は、なんとなくすぐ見つかりそうな予感がします。

小説コーナーを突撃したところ、まず目についたのはカズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro)さんのコーナー。長崎県出身の日系イギリス人作家です。
The Elliott Bay Book Company 8
わたしを離さないでNever Let Me Go)』(2005)は、2010年に映画化もされました。

きっと村上春樹さんもコーナー化されているに違いない・・・と探したところ、やはりコーナーがありました!なんだか右の方に人の気配を感じます。
The Elliott Bay Book Company 9
目を凝らすとそれは・・・なんと村上春樹さん!めっちゃ目が充血してはります!誰がこんな怖いいたずらやってん・・・!
The Elliott Bay Book Company 10
思わず恐怖で立ち去りそうになりましたが、『The Wind Up Bird Chronicle』を手にするまでは立ち去れません。よく見ると一番端に面陳列されていました。この本もやはり人気です。
The Elliott Bay Book Company 11
ちなみに、今月11日に全米発売されたばかりの春樹さんの新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage)』も面陳列されていました。
The Elliott Bay Book Company 12
春樹さんはアメリカでもカリスマ的人気で、たとえば人気映画は公開日の午前0時にミッドナイト・スクリーニングが行われたりするのですが、春樹さんのこの新刊も11日午前0時にミッドナイト・セール・イベントがあったばかり。

過去にはハリーポッター・シリーズなどがミッドナイト・セールを実施していますが、午前0時に本を買いに行くなんてよっぽどの本好きでないとできないと思うので、午前0時にファンを集める春樹さんはやはりカリスマとしか言いようがありません。

というわけで、無事ご希望の本を2冊ゲットしましたので、エアメールでお届けいたします〜!