ルートビアのキャンペーンで目にした「sweepstakes」の意味とは?

少し前に『アメリカでよく見かけるルートビア(root beer)とは?』という記事を書きましたが、その後ジェガーさんが一般的なルートビアを買ってきてくれました。

見た目、めっちゃビールです。

Virgil's Root Beer

ルートビアのサイトを見に行ってみたところ、公式 Facebook の以下の投稿で “sweepstakes” という言葉を目にしました。

ポイント

“sweepstakes” は「懸賞」という意味です。

sweepstakes | Cambridge Dictionaries (American English)

sweepstakes: a competition for a prize, esp. for money, in which those who win are chosen by chance

(特に賞金が当たるくじに対して使われます!)

上記の投稿は “25th Anniversary Sweepstakes(25周年記念懸賞)” ということで、なんと同社の株が賞になっていました!ロイター通信(Reuters)によると、賞の総額はおよそ24,000ドルだったそうです。めちゃ太っ腹です。

補足

というわけで、創業25周年のルートビア、飲んでみました。そして、2口でギブアップしました。

前回ルートビアに関する記事を書いた時に、以下のようなコメントをいただいていたのですが・・・

私も「飲むサロンパス」に一票です。「飲むリコリス菓子」とも言えそうです。

私があまりに渋い顔をしているので、ジェガーさんも不思議な顔をして一口飲んだのですが、「普通のルートビアやん」と言われました。

「薬の味じゃない?」
「ルートビアって、こんな味やで」
「うち飲まれへん」
「どうすんの、まだあと3本あんで」

実はジェガーさん、4本パックで買ってきていたのでした。

Virgil's Root Beer 2

このうち2本はすでに冷蔵庫で冷やしてしまったのですが、残り2本は、ご興味があったら 2名の方におすそ分けします(先着順)。メールTwitterFacebook でご連絡ください。

慣れたら意外と大丈夫みたいではあるので、冷蔵庫で冷やしているもう1本は、近々再挑戦してみたいと思います。

A&Wのルートビア 355ml

新品価格
¥124から
(2014/12/24 01:59時点)

ちなみに、ルートビアはスヌーピーの好物だそうです!

関連

アメリカでよく見かけるルートビア(root beer)とは? | ツカウエイゴ