生産性を上げるための5つのコツを紹介する記事で目にした「sum up」の意味とは?

もしかしたら気づいていらっしゃったかもしれませんが、9月に入ってからブログの更新ペースが落ちておりました。夏にあれこれ頑張って、ジェガーさんともけんかして、その反動で少し燃え尽き症候群になってしまったようです。

How to Stop Being Lazy

精神が弱ると体力も弱るもので、今までどうやってブログ書いてたんや・・・と思うくらいブログを書く気力がなくなり、ついには寝込む始末。

だらだら転がりながら、「ブログを書こうと思う気持ちはあるんやけど、書かれへんねん」とジェガーさんに訴えていたところ、ジェガーさんが TIME 誌(@TIME)の記事を送ってきてくれました。その名も『How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips(だらだらするのをやめてより多くのことをこなすための5つのコツ)』。


読んでみると、最後の方に “Sum Up” という見出しが出てきました。

Sum Up

Cal’s five big tips:

  • To-Do Lists Are Evil. Schedule Everything.
  • Assume You’re Going Home at 5:30, Then Plan Your Day Backwards
  • Make A Plan For The Entire Week
  • Do Very Few Things, But Be Awesome At Them
  • Less Shallow Work, Focus On The Deep Stuff

via How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips | TIME

ポイント

“sum up” は「まとめる」という意味です。

sum up | Collins English Dictionary

  1. to summarize (feelings, the main points of an argument, etc)
  2. (transitive) to form a quick opinion of

(2. の例文は ” I summed him up in five minutes〔彼についての意見を5分でまとめた〕” となっていました!)

つまり、最後の見出しは「まとめ」となっていたのでした。

補足

この記事で5つのコツを教えてくれているのは、カル・ニューポート(Cal Newport)氏。どういう人かというと、こんな人です。

  • 本業はジョージタウン大学教授
  • 年間最低6誌以上学術誌を執筆
  • So Good They Can’t Ignore You』など4冊の著書を持ち、現在5冊目を執筆中
  • 小さい子どものいるイクメン
  • 定期的にブログも執筆

これだけでもすごいのに、カルさんはなんと毎日5時半には仕事を終え、週末はほとんど仕事をしていないそう。どんなけ効率良いねん、という感じなので、カルさんが一体どうやって日々やり繰りしているのか一つずつ見てみたいと思います。

  1. To-Do リストではなく、カレンダーを駆使
  2. Scheduling forces you to confront the reality of how much time you actually have and how long things will take. Now that you look at the whole picture you’re able to get something productive out of every free hour you have in your workday. You not only squeeze more work in but you’re able to put work into places where you can do it best.

    (スケジューリングをすれば、実際自分にどれだけ時間があり、物事をこなすのにどれくらい時間がかかるかという現実に向き合いざるを得なくなります。そうして全体像を見れば、仕事のある日の隙間時間を生産的に活用することができます。しかもただ仕事を埋め込むだけでなく、最も効率が良いところに仕事を組み込むことができます。)

    via How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips | TIME

    これまで私は決まっている予定しかカレンダーに書き込んでいなかったのですが、To Do リストとカレンダーを合体させるというのはめちゃ良いアイデアです。スケジューリングをすれば、物事を先延ばしにすることも防げるとのこと。

    Assigning work to times reduces the urge to procrastinate. You are no longer deciding whether or not to work during a given period; the decision is already made.

    (仕事に時間を割り当てることで、物事を先延ばしにする衝動が抑えられます。すでに決断されているので、与えられた時間に仕事をするかどうか決断することはもうありません。)

    via How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips | TIME

  3. 逆算して予定を組む
  4. Fix your ideal schedule, then work backwards to make everything fit — ruthlessly culling obligations, turning people down, becoming hard to reach, and shedding marginally useful tasks along the way. My experience in trying to make that fixed schedule a reality forces any number of really smart and useful in-the-moment productivity decisions.

    (理想のスケジュールを修正し、全てが収まるように逆算していきます。義務は容赦なく除外し、人々の申し出は断り、連絡を取りにくくし、ついでに有益な仕事も少しだけ減らします。修正したスケジュールを実現しようとすることによって、私は生産性に関わる賢く有益な決定をこなすようにしています。)

    via How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips | TIME

    記事によると、実際の状況はともかく、自分が状況をコントロールしているという認識を持つことによってストレスが軽減されるそうです。ということは逆に考えると、私がストレス過多でぶっ倒れてしまうのは、私が状況にコントロールされているからなんですね〜

    予定を組む時は、足し算ではなく引き算することをますます意識するようにしたいと思います。

  5. 週全体の予定を組む
  6. People don’t look at the larger picture with their time and schedule. I know each day what I’m doing with each hour of the day. I know each week what I’m doing with each day of the week and I know each month what I’m doing with each week of the month.

    (みなさん時間やスケジュール込みで全体像を見ていません。私は毎日各時間をどう使うか、毎週各日をどう使うか、そして毎月各週をどう使うかを知っています。)

    via How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips | TIME

    計画は頭の中で考えるだけでなく、書き出すことで実行率が上がるようです。カルさんは毎週月曜日に週全体のプランを構築して自分にメールしているそうです。

  7. タスクを絞り、成果にこだわる
  8. You’re judged on what you do best so if you want to have as much success as possible you’re always better off doing fewer things but doing those things better. People say yes to too much. I say no to most things. I’m ruthless about avoiding or purging tasks if I realize they’re just not providing much value.

    (人は最も優れた成果によって判断されます。もしもできるだけ成功したければ、仕事を絞り、それらにおいてより良い成果を出しましょう。みなさん断れなさすぎです。私はほとんど断ります。あまり価値が見出せない場合、私は容赦なくタスクを絞ります。)

    via How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips | TIME

    これは私にとって今一番の課題。断るって、本当に難しいです。断りたくないものも多いので、まずは効率化できるところを徹底的に効率化を図ることを検討中です。

  9. 中身の濃い仕事に時間をかける
  10. Shallow work is little stuff like email, meetings, moving information around. Things that are not really using your talents. Deep work pushes your current abilities to their limits. It produces high value results and improves your skills.

    (中身の浅い仕事というのは、メールのやり取りやミーティング、情報の伝達など。これらは、自分の才能をあまり使いません。一方、中身の濃い仕事は限界まで能力を引き出します。高い価値をもたらし、スキルを向上させます。)

    via How to Stop Being Lazy and Get More Done: 5 Expert Tips | TIME

    中身の濃い仕事は集中力が必要なので、最も集中力が発揮される時間帯を意識的に作る必要があります。一方、中身の浅い仕事は最も効率化できる余地がありそうです。

というわけでカルさんのアドバイス、めっちゃためになります。私は一応午後11時に寝ることを意識して逆算しながらスケジュールを作るようにはしているのですが、自分の能力を過大評価して予定を詰め込み過ぎるところがあるので、カルさんのアドバイスをもとに再び作戦を練り直したいと思います。