日常会話で使われる「step aside」の意味とは?

街中を歩いていたら人だかりができていたので、見に行ってみたところ、警察官に “Step aside.” と言われました。

ポイント

“step aside” はこの場合、「どく」という意味で使われています。

step aside | Dictionary.com

  1. Move out of the way, as in “Please step aside. I’ve got my arms full of groceries.”
  2. Withdraw, make room for a replacement, as in “The senior researcher decided to step aside for a younger colleague.”

(邪魔にならないように動く、という意味なんですね。2. のように「身を引く、引退する」という意味もあります!)

つまり警官は、「どいてください」と言っていたのでした。

補足

以前紹介したジミー・ファロン(Jimmy Fallon @JimmyFallon)さんのトークショー『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』(@FallonTonight)で行われた口パクバトルでも、ジミー・ファロンさんがエマ・ストーン(Emma Stone)さんに “Just step aside.(じゃあちょっとどいてください。)”(0:27)と言っていました。

この “口パク(lip sync)バトル”、めっちゃ笑えます。ジミーさんもさることながら、エマさんの顔芸の本気っぷりがすごいです。さすが女優は違います。エマさんの好感度がまた上がりました。

この “口パクバトル”、実は過去にも何度か行われていて、どれも YouTube で再生回数1000万回以上を突破するという人気ぶり。

前回行われたのは、コメディアンで俳優のポール・ラッド(Paul Rudd)さんがゲスト出演した時でした。

そして再生回数がもうすぐ2000万回に達しそうなのが、昨年9月のゲストだった俳優のジョセフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt @hitRECordJoe)さんと、イギリスのコメディアンでリッキー・ジャーヴェイス(Ricky Gervais @rickygervais)さんと共に傑作コメディ・ドラマ『The Office』を製作したスティーヴン・マーチャント(Stephen Merchant @StephenMerchant)さん。

この映像によると、このゲームはスティーヴンさんが夫婦で共に俳優のジョン・クラシンスキ(John Krasinski @johnkrasinski)さんとエミリー・ブラント(Emily Blunt)さんと一緒に考案したものだそう。

スティーヴン・マーチャントさんは本当に次から次へと面白いことを考える人です。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットさんなんて、私は前からずっと Mr.Children の桜井さんに似ていると思っていたのですが、もうこの熱唱しているところを見たら、桜井さん以外に見えません。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットさんにはぜひ、ミスチルも口パクで歌って欲しいです。