南部連合旗の歴史に関する文章で目にした「secede」「secession」の意味とは?

約1週間前、サウスカロライナ州チャールストンの教会で銃が乱射され、アフリカ系アメリカ人の男女9人が死亡する悲惨な事件が起きました。

その後、銃乱射事件の容疑者のウェブサイトに投稿されていた南部連合旗の旗を持つ容疑者の写真などをきっかけに、南部連合旗の旗(Confederate flag)が騒ぎの的に。

その騒ぎを理解するために、いろいろな記事に目を通してみたところ、”secede ” あるいは “secession” という単語を何度も目にしました。

以下の NPR の記事『The Complicated Political History Of The Confederate Flag : It’s All Politics(南部連合旗の複雑な政治史:政治に始まり政治に終わる)』にも、”secede” と “secession” が両方出てきました。

In December 1860, South Carolina was the first state to secede from the Union just months after Abraham Lincoln, from the anti-slavery Republican Party, was elected president.

via The Complicated Political History Of The Confederate Flag : It’s All Politics : NPR

Ten other states would eventually follow South Carolina in secession, forming the Confederate States of America.

via The Complicated Political History Of The Confederate Flag : It’s All Politics : NPR

ポイント

“secede” は動詞で「分離独立する」、”secession” は名詞で「分離独立」という意味になります。

secede | Macmillan Dictionary

secede: to officially leave an organization. This word is used especially about a state or region that chooses to become independent and govern itself.

(組織を公式に離れる、という意味なんですね。特に独立自治を選ぶ州や地域に使われるそうです。)

つまり一文目は「1860年、奴隷制度に反対する共和党(Republican Party)出身のエイブラハム・リンカーンが大統領に選ばれてから数ヶ月後のこと、サウスカロライナ州は合衆国から初めて分離独立した州となった」、そして二文目は「他の10州もサウスカロライナ州の分離独立に続き、南部連合国を結成」と書かれていたのでした。

補足

というわけで、今回の銃乱射事件と南部連合旗の関係を詳しく見ていきたいと思います。

On Monday, a cascade of both Republicans and Democrats endorsed removing the Confederate flag from the statehouse in Columbia. South Carolina Republican Gov. Nikki Haley held a press conference Monday afternoon, flanked by a bipartisan coalition of lawmakers, to call for the flag to be removed.

(月曜、州都コロンビアの州議会議事堂から南部連合旗を撤去することを共和党員や民主党員らが次々に支持。サウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー共和党知事は月曜午後、両党議員らを従えて記者会見を開き、同旗の撤去を求めた。)

via The Complicated Political History Of The Confederate Flag : It’s All Politics : NPR

南部連合旗の歴史は南部連合国の形成までさかのぼりますが、実は今回話題になっている旗は、公式の南部連合旗ではありません。もともとはロバート・E・リー司令官率いる北バージニア軍の戦旗だそうです。

Confederate Rebel Flag.svg

(”Confederate Rebel Flag” by William Porcher Miles (1822-1899)
(Vector graphics image by Crotalus horridus)

This vector image was created with Inkscape. – SVG adapted from this image. Licensed under Public Domain via Wikimedia Commons.)

After the war ended, the symbol became a source of Southern pride and heritage, as well as a remembrance of Confederate soldiers who died in battle. But as racism and segregation gripped the nation in the century following, it became a divisive and violent emblem of the Ku Klux Klan and white supremacist groups.

(戦後、そのシンボルは南部の誇りや歴史的遺産の源となるとともに、戦士した南部軍の兵士を思い出させるものとなった。しかしその後100年かけて、人種差別や人種分離が国内で目立つにつれ、クー・クラックス・クラン〔KKK〕や他の白人至上主義者グループの敵対的かつ暴力的象徴となっていった。)

via The Complicated Political History Of The Confederate Flag : It’s All Politics : NPR

では、なぜその旗が州都コロンビアの州議会議事堂に掲げられていたのでしょう。

The flag was first flown over the state Capitol dome (passed by the Democratic Legislature) in 1962 to mark the centennial of the start of the Civil War, but many saw it as a reaction to the civil-rights movement and school desegregation.

(1962年、南北戦争の始まりから100周年を祝う目的で、州議会議事堂のドームの上に旗が初めて掲げられた。しかし、多くの人はそれを公民権運動や教育の人種分離廃止に対する反応と捉えた。)

via The Complicated Political History Of The Confederate Flag : It’s All Politics : NPR

その後、2000年に旗は撤去され、小さめの正方形バージョンの旗が州議会議事堂敷地内の目立たないところに移されました。

でも、過去には州旗にこのシンボルが使われていたケースも見られます。たとえばジョージア州。

さらに、ミシシッピ州は実は全州の中で唯一、現在もこのシンボルを州旗に取り入れています。

しかし今回の事件を機に、現在アメリカでは南部連合旗に対する疑問が渦巻いていて、企業も次々に行動を開始。

ミシシッピ州も、州旗のデザイン変更に動き出しそうです。

旗一つとっても、いろいろな事情が伺えます。