E.E. カミングスの詩『in Just-』で目にした「queer」の意味とは?

先日無事誕生日を迎えまして、ジェガーさんから誕生日カードをもらいました。


E.E. Cummings Birthday Card

カードの表には、詩の一部が。

The world is mud-luscious
and puddle wonderful.
E.E. Cummings

この意味がいまいちよくわからなかったので、詩の全編を見てみたところ、”queer” という単語を目にしました。

the queer
old balloonman whistles
far          and             wee
and bettyandisbel come dancing

via [in Just-] by E. E. Cummings : The Poetry Foundation

ポイント

“queer” は「変な」という意味です。やや古い言い方です。

queer | Longman Dictionary

  1. [taboo] an offensive word used to describe someone who is homosexual, especially a man. Do not use this word.
  2. [old-fashioned] strange or difficult to explain

(1. の意味で使われるのは、かつては軽蔑的だと考えられていましたが、最近はまた使われることもあるみたいです。)

つまり、「変な年寄りの風船売りの男」と表現されていたのでした。

補足

詩で最初に描かれるのは、春の訪れ。そこへ風船売りの男の人がやってきます。風船売りが口笛を吹くと、遊びをやめて集まる男の子たち。風船売りがまた口笛を吹くと、今度は女の子たちも遊びをやめて集まってきます。そして風船売りは、また口笛を吹きます。

詩自体はシンプルなのですが、私は正直この詩のどこが誕生日カードに関係するのか、あまりつかめませんでした。そこでいろいろ解説を読んでいると、面白いことがわかってきました。

<詩の書き手の視点は子ども>

“mud-luscious” や “puddle-wonderful” という言葉は、子ども特有の造語として考えられるそうで、そのことから詩の書き手は子どもであるという見方がされています。

Racing over from his imaginary games, the speaker is clearly a child. The description of puddles as “wonderful” mirrors a child’s perspective.

via in Just: Edward Estlin Cummings – Summary and Critical Analysis

The unusual compounds that Cummings invents are suggestive of a “child’s language”: hence, “mud-luscious” and “puddle-wonderful.” These compounds have been described by Richard Kennedy as “the natural condition that children enjoy (but that adults dislike)” (Revisited 6).

via An Analysis of Two Poems

他に、”Eddie” と “Bill” がつながって “eddieandbill” になっていたり、”Betty” と “Isabel’ がくっついて “bettyandisbel” になっていたりするのも、はしゃぐ子どもたちの疾走感が表現されているようです。

Secondly, the names are merged into one another; “eddieandbill” and “bettyandisbel.” The effect here is to render the hustle, bustle, and speed of the children as they come running to the summons of the whistle. Indeed, they run so fast, blurring into one another, that in Isabel’s case, a syllable has been left out (behind?).

via An Analysis of Two Poems

<風船売りの男は、ギリシャ神話に出てくる牧神パン>

この詩の中に出てくる唯一の大人、風船売りの男。彼は実はギリシャ神話に出てくる牧神パンを象徴しているそうで、そのことは最後の “goat-footed” という描写からも読み取れるそうです。牧神パンは、子どもたちに性の目覚めをもたらす役割を担っていると考えられています。

Pan is a lecherous and ugly old man who is despised by the girls; but though he is disliked, he is essential because it is he who brings about the sexual changes in the growing children. This god is cast in the form of the modern balloon man.

via in Just: Edward Estlin Cummings – Summary and Critical Analysis

しかし、この牧神パンの存在は、そんなに悪い意味でもないみたいです。

At the start of the poem, the children are called outside for Spring, this time of change. They are still innocent and do not see the mud or puddles as dirty, but play and celebrate. The balloon man may represent sexuality, adulthood, and puberty. However, the children celebrate spring. There is a joy in the poem that shows these changes in nature are not negative, but a time to embrace what is new. Consider the spring season itself; it is a time of growth and preparation for summer. Although the theme of this poem may be about becoming an adult, the simple innocence and lightheartedness of the children show that this time should be embraced.

via In Just by ee cummings: Poem Analysis | Education Portal

これらを読んで、「変化」と「成長」を示唆する春の訪れについて書かれた詩の、”mud-luscious” や “puddle-wonderful” という部分が引用されていることから、このカードは「年を取っても、新しいことを楽しむ心を忘れないで」というメッセージが込められているのかな、と感じました。

そしてその解釈をジェガーさんに伝えると、「そこまで考えてこのカード選んでなかったわ」と言われました。

ちなみに誕生日当日は、朝からなぜかジェガーさんの耳の調子が悪く、「なんでよりによって今日やねん!」とふてくされたりしていたのですが、午後は一緒に映画を観に言ったり、いつものレストランでムール貝を堪能したりして、幸せでした。地味に一番幸せだったのは、いっぱいろうそくをさしてもらったケーキ!

いくつになっても、ろうそくの火を消す楽しみは忘れられません。