シアトルの最低賃金が15ドルに引き上げ決定!のニュースで目にした「measure」の意味とは?

今から約2週間前の6月始め、私の住んでいる市の市議会(city council)で投票があり、なんと最低賃金(minimum wage)が全米最高の1時間15ドルに引き上げられました。

[シアトル 2日 ロイター] – 米シアトル市議会は2日、市の最低賃金を今後7年以内に1時間15ドルに引き上げる案の承認を、満場一致で可決した。現行の9.32ドルから60%以上の引き上げとなり、大都市でこれほど大幅な賃上げが可決されるのは初めて。

具体的には、従業員500人以下の企業に対し、今後7年以内に時給を15ドルに引き上げることが義務付けられる。それ以上の規模の企業の実施期限は3年、健康保険を提供した場合は4年となっている。

via 米シアトル市議会、最低賃金を60%強引き上げる案可決 | Reuters

平成25年度地域別最低賃金改定状況 |厚生労働省』によると、日本では東京、神奈川、大阪の最低賃金が800円台、あとは800円未満なので、日本なら2人雇えそうなくらい高い最低賃金です。
15 US dollar in Japanese Yen

(この記事を書いている時点)

いろいろ記事に目を通していると、ニューヨーク・タイムズ紙(The New York Times @nytimes)の記事『Seattle Approves $15 Minimum Wage, Setting a New Standard for Big Cities | NYTimes.com』が詳しかったので、読んでみました。
すると “measure” という単語を何度か目にしました。

The measure has the support of Mr. Murray, who ran last year on a pledge to raise the wage to $15 and made it one of his first priorities in office.

via Seattle Approves $15 Minimum Wage, Setting a New Standard for Big Cities – NYTimes.com

Eight states plus the District of Columbia have already increased their minimum wages this year, the most to have done so in a single year since 2006, and at least eight other states and municipalities could put minimum wage ballot measures before voters by November.

via Seattle Approves $15 Minimum Wage, Setting a New Standard for Big Cities – NYTimes.com

ポイント

“measure” はこの場合、「法案」という意味で使われています。

measure | Your Dictionary

  1. The definition of a measure is the space, area, length or capacity of something, or the standard for finding these out.
  2. A measure is defined as a course of action, or a legislative bill.

(1. の意味では、日本語でも「メジャー」と言ったりしますね!)

つまり、一文目は「同法案は、昨年最低賃金を15ドルに引き上げることを公約に掲げて市長選に出馬し、当選後は最優先事項目の一つとしたマレー氏の支援を受けている」、そして二文目は「8つの州とコロンビア地区が今年すでに最低賃金の引き上げを実施。2006年以降、一年間に最低賃金を引き上げた州の数は最多となる。さらに少なくとも8つの州や地方自治体が、11月までに最低賃金引き上げ法案の住民投票を実施する見込みだ」と書かれていたのでした。

記事によると、サンディエゴ(San Diego)、シカゴ(Chicago)、サンフランシスコ(San Francisco)などが、現在最低賃金の引き上げを検討しているようです。

補足

というわけで、先ほど「日本だったら2人くらい雇えそう」と書きましたが、記事によるとアメリカの連邦最低賃金も7.25ドルだそうなので、「最低賃金15ドル」というのがいかにぶっ飛んでいるかがわかります。

どうもこの背景には、”Amazon.com バブル” もある様子。

“We’re living in this bubble of Amazon, but that’s not going to go on,” said Tom Douglas, a prominent restaurateur in Seattle, referring to the local boom in jobs and economic growth from hiring at Amazon, the online retailer, which has its headquarters here. Mr. Douglas said the new law will inevitably result in costs being passed on to consumers. “There’s going to be some terrific price inflation,” he said.

(シアトルに本社を置くオンライン小売企業大手 Amazon の人員採用により、地元で雇用ブームや経済成長が起こっていることについて、「今はアマゾンのバブル期ですが、ずっと続くわけではないでしょう」と語るのは、シアトルの有名レストラン経営者、トム・ダグラス氏。新しい法案によって、コストのしわ寄せが顧客に行くのは避けられないと語る。「ものすごく物価が高騰するでしょうね。」)

via Seattle Approves $15 Minimum Wage, Setting a New Standard for Big Cities – NYTimes.com

ちなみに、ワシントン州はすでに最低賃金9.32ドルで全米トップ。でも、シアトル市民のうち24%以上が時給15ドル以下で、連邦の制定する「貧困レベル」に満たない市民は全体のおよそ13.6%に上るそうです。

Washington State already has the highest state minimum wage in the nation, $9.32, but more than 24 percent of Seattle residents earn hourly wages of $15 or less, according to the city, and approximately 13.6 percent of Seattle residents live below the federal poverty level.

via Seattle Approves $15 Minimum Wage, Setting a New Standard for Big Cities | NYTimes.com

かつては最低賃金にチップをカウントすることが法律で認められていたこともあったみたいですが、現在ではそのような規定はありません。

“The short-term side of it says it’s attractive,” said Mickey Adame, a bartender who works in Bellevue, Washington’s fifth-largest city, which is just outside Seattle, and the new $15 wage boundary. “But I think people in Seattle aren’t going to tip as much, knowing the servers are getting paid $15,” added Mr. Adame, who lives in Seattle and is trying to start a music record label called Sounder Music, for which his tip jar, he said, is crucial. “If I had to pick an answer, I would say I think I’ll make more in Bellevue.”

(「一見魅力ですが」と語るのは、ワシントン州で5番目に大きなベルビュー市でバーテンダーをするミッキー・アダメさん。ベルビューはシアトルの郊外にあり、新しい賃金15ドルの境界線となる。「シアトルの人は、サーバーが15ドルも支払われていると知ったら、そんなにたくさんチップを払わないと思います。」アダメさんはシアトル在住で、サウンダー・ミュージックという音楽レコードレベルの会社を立ち上げようとしている最中だ。そのためにも、チップ・ジャー(チップを集める容れ物)は、重要となる。「僕だったら、ベルビューの方が稼げると思います。」)

via Seattle Approves $15 Minimum Wage, Setting a New Standard for Big Cities – NYTimes.com

ちなみに、米6月11日付のニュースによると、サンフランシスコも最低賃金15ドルを目指すそうです。

サンフランシスコの最低賃金は現在1時間10.74ドル。投票法案が可決すれば、最低賃金は来年3月までに12.25ドル、2016年7月までに13ドルと増え、その後は毎年1ドルずつ引き上げられて2018年に15ドルになります。

The city’s current minimum wage is $10.74 an hour. Under the ballot measure that will go before voters, it would increase to $12.25 next May, then to $13 in July 2016 and $1 each year after that until it reaches $15 in 2018. At $15 an hour, the annual pay for a full-time minimum-wage worker would be $31,000.

via San Francisco Voters to Decide on $15 Minimum Wage – ABC News

この動き、全米に広がるんでしょうか。