教育に関する記事で目にした「K-12」の意味とは?

今週、地元のニュースをいろいろチェックしていると、気になる記事を発見しました。

ワシントン州議会は、誰もがより高度な教育を受けられるよう、2年制コミュニティカレッジの授業料無料化という政策を、1月19日記者会見で発表した。

via コミュニティカレッジの学費が無料に? │ SoySource

気になったので記事の末尾にあった関連記事のリンクを辿り、さらに読んでみると、”K-12″ という単語が目に留まりました。

The legislature intends to strengthen the link between post-secondary education and K-12 education by creating the Washington promise scholarship program for academically successful high school graduates from low- and middle-income families.

via Free community college? 5 things to know about ‘Washington… | www.kirotv.com

ポイント

“K-12” の “K” は、”kindergarten” を意味します。

K-12 | Macmillan Dictionary

K-12: kindergarten through twelfth: used for talking about the 13 years of school before your college education

(幼稚園から12年生まで、という意味なんですね!ちなみに12年生というのは高校3年生にあたります。)

つまり「議会はワシントン州プロミス奨学金プログラムによって、低所得層や中間富裕層出身の学業優秀な高校卒業生の中等後教育支援を強化する意向」と書かれていたのでした。

ちなみに “K-12” の発音は “K-twelve” となります!

補足

コミュニティ・カレッジの学費が無料になるといっても、気になるのはやはり資金調達。

Lawmakers said this would initially cost between $100 million and $125 million.
Sen. Pramila Jayapal, D-Seattle, said there was no proposal yet for where to get this funding.

(議員達によると、初期費用は1億〜1億2500万ドルの見込みだという。
プラミラ・ジャヤパル上院議員は、資金調達の出所に関する提案はまだ出ていないと語る。)

via Free community college? 5 things to know about ‘Washington… | www.kirotv.com

しかし、資金調達さえうまく行けば、教育の機会が広がるのは素晴らしいことです。別の記事『Making the Case for Free Community College in Washington』にも以下のような調査が載っていました。

A 2013 report by the Washington State Board of Community & Technical Colleges and the Washington Student Achievement Council noted that from 2009 to 2011, people with only a high-school diploma earned an average of $30,393 annually with an unemployment rate of 11 percent. Meanwhile, community- and technical-college graduates earned an average of $40,424 a year with an 8 percent unemployment rate during that period.

(ワシントン州コミュニティ&テクニカル・カレッジ委員会とワシントン州学生アチーブメント協議会が行った2013年の調査によると、2009ー2011年における高校卒業資格を持つ人たちの平均年収は3万303ドルで失業率が11%だったのに対し、コミュニティ・カレッジやテクニカル・カレッジの卒業生は平均年収4万424ドルで失業率は8%だったという。)

via Seattle News and Events | Making the Case for Free Community College in

同レポートによると、今後準学士号を伴うスキルに対する需要はさらに高まっていくそうです。

コミュニティ・カレッジの学費無料化に対してはオバマ大統領も前向きで、2年制大学授業料免除制度を昨年提案。全米ではミネソタ州、オレゴン州、テネシー州の3州が他州に先駆けて2014年から実現化に取り組んでいます。2015年の時点で少なくとも全米11州が類似の計画を提案していて、ワシントン州もそれに続く格好となりました。

オバマ大統領は、先週行われた一般教書演説でも再びこの提案に言及。

We agree that real opportunity requires every American to get the education and training they need to land a good-paying job. The bipartisan reform of No Child Left Behind was an important start, and together, we’ve increased early childhood education, lifted high school graduation rates to new highs, and boosted graduates in fields like engineering. In the coming years, we should build on that progress, by providing Pre-K for all, offering every student the hands-on computer science and math classes that make them job-ready on day one, and we should recruit and support more great teachers for our kids.

And we have to make college affordable for every American. Because no hardworking student should be stuck in the red. We’ve already reduced student loan payments to ten percent of a borrower’s income. Now, we’ve actually got to cut the cost of college. Providing two years of community college at no cost for every responsible student is one of the best ways to do that, and I’m going to keep fighting to get that started this year.

via Read The Full Text Of Obama’s Last State Of The Union Address

今年は大統領選挙もあるので、この先この提案がどうなっていくかわかりませんが、州単位ではかなり動き出している様子なので、引き続き注目していきたいと思います。