ライブストリーミング(動画中継)アプリのニュースで耳にした「hype」の意味とは?

3月にテキサスのオースティン(Austin)で行われていた、音楽と映画とテクノロジーの祭典『SXSW(The South by Southwest)』。もともとインディペンデント音楽の祭典として始まりましたが、いまやインディペンデントの映画やゲームも加わり、最近ではアプリ業界も進出しています。

今年 SXSW で大きく話題になったのは、『Meerkat』というアプリ。CNN の紹介映像を観ていると、ナレーターの女性が “I’m about to go sit with the founder, and ask him what the hype is all about?”(0:14)と言っていました。

ポイント

“hype” は「大々的な宣伝」「派手な宣伝」という意味です。

hype | Macmillan Dictionary

hype: the use of a lot of advertisements and other publicity to influence or interest people

(人々に影響を与えたり、興味を持ってもらったりするために、広告や広報機関をたくさん利用するという意味なんですね。)

つまりナレーターは、「これから創業者と対座して、何がこれほどまでに騒がれているのか、尋ねてみたいと思います」と言っていたのでした。

補足

『Meerkat』は、ライブストリーミング・アプリ。

iPhone で手軽に動画中継ができるアプリとして一躍注目を浴び、著名人や投資ファンドから、総額1400万ドルに及ぶ多大な投資を集めました。

ところがその発表のあった同日、Twitter が公式ライブストーリング・アプリを発表。その名も、『Periscope』。

Periscope

Periscope (無料)
(2015.04.02時点)
posted with ポチレバ

こちらは Twitter 公式とあって、一気に Meerkat を追撃。

冒頭の CNN の女性も、今度は Periscope の創業者にインタビューしていました。

どうも Periscope の方が中継の際の時間の誤差が少なく(上のインタビュー映像によると最大2秒)、中継映像も24時間保存できるみたいです。Meerkat は、中継が終わったら基本的に映像は観ることができません。

ここで、気になるのはプライバシーの問題。たとえば、セレブはどう思っているのでしょう。Mashable@mashable)がケイティ・ペリー(@katyperry)さんに、「将来的にライブ・ストーリング・アプリがコンサートで使われる可能性」についてインタビューしていました。

ケイティ・ペリーさんなので、もちろん答えは「イエス」ですが、ジャック・ホワイト(Jack White)さんなどは観客が携帯などに構って音楽に集中しないことを嫌っていたりするので、セレブにとっては自分や自分の作品をどうブランディングしていくかにも関わっていくのではないかと思います。

ちなみに、以下のリンクで、Meerkat や Periscope に参加済みのセレブが一覧化されています。

ライブストーリング・ブーム、これからどれだけ盛り上がるのでしょうか。