映画『狼たちの午後』の元記事で目にした「hostage」の意味とは?

ジェガーさんは毎日いろいろな映画を観ていますが、私は必ずしも毎回一緒に観ているわけではありません。でも先日はシドニー・ルメット(Sidney Lumet)監督の映画『狼たちの午後(Dog Day Afternoon )』(1975)を観るとのことだったので、興味を持って一緒に観てみました。

この映画は、1972年にニューヨークで実際に起こった銀行強盗事件が元になっています。

エンドロールで元記事が紹介されていたのですが、調べたところ、『LIFE』の1972年9月22日発行号で特集された『The Boys in the Bank』という記事でした。

さっそく読んでみたところ、”hostage” という単語を何度も目にしました。

With the bank surrounded, a confused and erratic rapport springs up between the hostages and their captors.

In exchange for his delivery, Wojtowicz releases the first hostage.

ポイント

“hostage” は「人質」という意味です。映画の中でも何回も出てきました。

hostage | Macmillan Dictionary

hostage: a person who is the prisoner of someone who threatens to kill them if they do not get what they want

(要求が叶わなければ命を奪うと脅され、捕らわれる人です。)

つまり一文目は「銀行が包囲され、人質と犯人の間で混乱した異常な親密関係が生じた」、そして二文目は「配達と引き換えに、ウォトヴィッツは最初の人質を解放した」と書かれていたのでした。

補足

『LIFE』の記事を読むと、映画がかなり事実に忠実であることが読み取れます。たとえば記事の冒頭。

It is closing time Tuesday, August 22, at a Chase Manhattan Bank branch in Brooklyn, a modest, modern structure sitting on a quiet corner at Avenue P and East Third Street. Calvin Jones, a uniformed (and unarmed) bank guard, begins locking the doors behind departing customers. Shirley Ball, a teller, starts her final tally of the day’s receipts. And bank manager Robert Barrett looks up from a couple of loan applications to see a sandy-haired, baby-faced yound man nervously approaching his desk.

“Are you Mr. Barrett?”
“Yes,”
“I’m Mr….”
Barrett doesn’t quite catch the name. The young man sits down at his desk, however, and managers to pronounce his next couple sentences a little more clearly.

このくだり、映画でほぼ再現されています。

さらに興味深いのは、元記事で犯人のジョン・ウォトヴィッツ(映画の中では “ソニー” ) の描写が以下のように書かれていたこと。

John Wojtowics, a dark, thin fellow with the broken-faced good looks of an Al Pacino or a Dustin Hoffman, heading into the teller’s area with an attache case.

(アル・パチーノやダスティン・ホフマンの顔つきに似た、色黒で華奢なジョン・ウォトヴィッツが、銀行の窓口係のところへアタッシュケースを持って向かっていった。)

記事には犯人の写真も載っていましたが、確かにアル・パチーノさんやダスティン・ホフマンさんに風貌が似ています。彼だけでなく、彼のまわりの人間も何人か俳優とそっくりでびっくり。

映画の中では、”ソニー” の行動や態度が時々、本人はシリアスに振る舞っていても周りから見ると滑稽ということがあったのですが、実際もそんな感じだったみたいです。

“If they had been my houseguests on a Saturday night, it would have been hilarious,” Shairley Ball recalls. “Especially with John’s antics, the way he hopped around all over the place, the way he talked.”

(「もし彼らが〔銀行強盗としてではなく〕土曜夜のゲストとして私の家に来ていたら、大爆笑だったでしょうね」とシャーリー・ボールは振り返る。「特にジョンの行動が。辺りを飛び跳ねて回るところとか、話し方とか。」)

一方、映画とは少し描写が異なる部分もありました。例えば映画の中では、”ソニー” が書類を燃やす時に発生した煙が外部に異変を感じさせるように描かれていましたが、実際は電話を通して異変が外部に伝えられていたようです。

The phone rings on Barrett’s desk and the bank manager — still under the gun — takes the call. Joe Anterio, a personnel officer in Chase Manhattan’s downtown headquarters, is requesting the transfer of a teller to another branch. Barrett surprises Anterio by opposing the transfer. Instead, he suggests the name of a teller who’d been fired four months earlier on suspicion of theft.
“You’re talking funny, Bob,” Anterio says. “Is something wrong down there?”
“Yep!” says Barrett, slamming down the phone. Unaware of the message hidden in Barrett’s seemingly routine phone conversation, the robbers go about their business.

(銀行のマネジャーであるバレット氏の机の上の電話が鳴り、銃を突きつけられたままバレット氏が応じると、マンハッタン中心部にあるチェイス本部の人事、ジョー・アンテリオ氏で、窓口係の他オフィスへの異動に関する用件だった。バレット氏は異動を断ってアンテリオ氏を驚かせたうえ、4ヶ月前に盗みの疑いで解雇された窓口係の名前を口にした。
「ボブ、君ちょっと様子が変だよ」とアンテリオ氏。「何かおかしなことでも起こっているのか?」
すると「ああ!」と答え、勢いよく電話を切るバレット氏。この一見ありふれた電話口の会話に込められたメッセージに気がつかないまま、強盗たちは自分たちの作業にかかっていた。)

やがて警察が集まり、銀行内の立て篭もりは長丁場に発展。FBI が取った戦略は、とにかく「時間を稼ぐ」ことでした。それによって犯人たちを消耗させようという魂胆です。

もちろんその作戦は犯人だけでなく人質たちも消耗させてしまいますが、犯人たちは明らかに疲れ、焦りがどんどん露になっていくので効果はてきめん。要求に適度に応じながら肉体的、精神的に相手を追いつめていく FBI、さすがです。最後のクライマックスも実にあっぱれですが、記事を読むとさらに感銘を受けました。

“ソニー” の滑稽ぶりを人間臭く体現するアル・パチーノ(Al Pacino)さんも、非日常に騒ぐ街の様子を滑稽に切り取るシドニー・ルメット監督も本当に素晴らしかったですが、こうして元記事を読むと、やはり脚本も相当素晴らしいと思わずにはいられません。

と思ったら、やはり脚本を手がけたフランク・ピアソン(Frank Pierson)さん、アカデミー賞を受賞していました!

元記事を読んだらもう1回映画が観たくなってきました。