日常会話でカジュアルに使われる「for real」の意味とは?

先日インタビューしていただく機会があり、そのインタビューがこちらの日系フリーペーパーに掲載されたのですが、それをジェガーさんとジェガーママに話すと、ジェガーママに “For real?” と聞かれました。

ポイント

“for real” は「本当に」という意味です。

for real [INFORMAL] | Macmillan Dictionary

  1. if something is for real, you are doing it seriously, not just practicing or pretending
  2. is someone for real? [SPOKEN] used for showing that you think that someone is funny, stupid, or surprising

(練習やマネではなく実際にする、という意味なんですね。人に使われる場合は、その人のことを面白いと思ったり、あほやと思ったり、意外だと思ったりした時に使われます。例文は “Look at that outfit he’s wearing – is he for real?” となっていました!)

つまりジェガーママは「マジで?」と言っていたのでした。マジです。

補足

先日公開されたばかりのアディダスAdidas)の最新プロモーション映像でも、サッカー界のブラピ(と私が呼んでいる)デビッド・ベッカム(David Beckham)さんが “You wanna play for real?(マジでやらへん?)”(0:11)と言っていました。

ベッカムさんの家でサッカーのテレビゲームをするルーカス・モウラ(Lucas Moura @LucasnaRede_)さんとガレス・ベイル(Gareth Bale @GarethBale11)さん。その様子をジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)さんとベッカムさんが楽しんでいるんですが、だんだんベッカムさんがサッカーをしたくなってきて、ボールをふんわり蹴り上げます。その後はご覧の通りベッカム宮殿がむちゃくちゃになるのですが、皆さんむちゃくちゃしているように見えてボールのコントロールが素晴らしいです。

実際にこの4人がサッカーをしたら、おそらくベルサイユ宮殿の中でも何も壊れないんじゃないかと思います。

ちなみに、この4人が蹴っているサッカーボール “ブラズーカ(@brazuca)” は、今回のワールドカップの公式ボール。

アディダスは、ブラズーカが世界一周するという企画も実施していました。スペイン、ドイツ、イギリス、ロシア、日本、アメリカ、メキシコ、ブラジルを巡っています。

以下は、日本バージョン。日本代表の清武弘嗣選手や、サッカー漫画『キャプテン翼』の作者、高橋陽一さんも出演しています。

ちなみに “ブラズーカ” とは、ブラジル国民の誇りを表す言葉だそうです。バズーカみたいでかっこ良いです。

ワールドカップはボールにも注目ですね!